カバシリーズについて

ルイヴィトン(Louis Vuitton)カバシリーズについて修理職人がご説明をさせていただきます。

カバシリーズ(カバピアノ、カバメゾ、カバアルト)での修理は持ち手交換、根革レザーパーツ、ファスナー交換、底部分レザー交換のご依頼が多くです。修理についてはどちらも修理可能です。安心してお任せください。

メーカー修理の場合について

オリジナルのパーツや素材での修理をご希望の場合は下記の内容をご参照ください。

  • 販売証明書やレシートを持参しているか
  • 直営店または公式オンラインストアにて購入しているか

著しい損傷など古い製品は修理対応不可になる可能性があります。

コルサ鞄修理専門店ではメーカー修理で対応不可になった製品

でも修理実績豊富ですので納期の面や金額でお困りの場合には

相見積もりもオススメです。

それではカバメゾシリーズのご依頼の多い修理をご紹介させて頂きます。

 

 

カバシリーズの修理について

ファスナー交換、スライダー交換については

長きに渡り使用していると金属疲労を起こし

ファスナーの開閉を続けていくとファスナーもしくはスライダーが不調を起こしてしまいます。

スライダー交換の場合は該当箇所の縫製を解き、似たような金具の色、号数のスライダーにて交換していきます

。その際にオリジナルの引手は移植可能です(特殊な場合は除く)

  • スライダー交換 一ヶ所 4400~

ファスナーの交換の場合は該当箇所の縫製を解き、

似たような生地のファスナーにて一式交換が可能です。

ファスナーの生地の色も可能な限り合わせることが可能です。

  • ファスナー交換費用 一ヶ所 13200~

根革の交換については

根革部分の交換アフターになります。似た様な色味のヌメ革にて交換してあるので見た目遜色ないです。

ルイヴィトンのバッグは丈夫ですが、年数が経ってくると経年劣化により

ショルダーの根革(付け根)は弱ってきて最終的に亀裂、ひび割れなど損傷を起こします。

根革交換の際には該当箇所の縫製を解き、似たようなヌメ革にて交換となります。

  • 根革の交換 一か所 7700~

 

持ち手交換については

持手交換のアフター写真です。ルイヴィトン特有のサイドのラインを入れ交換をしていますので見た目遜色ないかと思います。

トートバッグの形状のカバのバッグは大容量で荷物を入れやすく使い勝手の良いバッグですが

重量による負荷などで持ち手がねじ曲がり、経年劣化によりひび割れやちぎれる可能性があります

交換の際には似たようなヌメ革にて

左右一式交換となりますので修理後も安心して使えるようになります

  • 持ち手交換(平手)17600~

金具の交換については

ショルダー付け根部分に接合しているDカン金具といわれている部分は重さなど

経年劣化により徐々に開いてきてしまったり損傷をする箇所です。

交換の際には似たような色の金具にて一ヶ所もしくは左右一式交換をしますとこれからも長くご愛用できます。

  • Dカン金具交換 一ヶ所 3300~

ほつれ再縫製については

長年ご愛用していると縫製の糸目がほつれきますが

そのまま放置していると解けた箇所に負担がかかり損傷の恐れがあります。

修理の際には再縫製をして補強をお勧めしています

修理の際に似寄りの色の糸目にて再縫製をしていきますので修理後も見た目遜色ない仕上りです

  • リステッチ 一ヶ所 2200~

底部分レザー交換については

カバメゾの底部分はヌメ革にて上部に縫製をさせていますが、ヌメ革はアメ染みやスレ傷などで

長きにわたり使用していると損傷をしていくる箇所です

修理の場合には似寄りの色のヌメ革にてオリジナルの形通りに交換をしていきます

  • 底部分レザー交換 26400~