ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)財布 全体染色+引き手レザー作成 修理事例

今回はボッテガヴェネタの財布修理案件については、財布の玉縁がめくれて色落ちしている、表面のイントレチャート(編み込み)が色褪せてきている、内装レザーの色褪せがあり、全体染色のご依頼を頂きました。
全体染色につきましては、表面と内装の汚れを落とした後に、表面のイントレチャート(編み込み)はスプレーガンで均一に染色を行いました。財布の内装レザーはポケットや小銭入れ周辺など細かい構造のため、刷毛を用い薄塗りを繰り返して自然な仕上がりに。損傷が大きかったコバ部分は下地の接着剤を繰り返し薄塗りし、損傷個所を補修した後に、下地剤と塗料を混ぜて作成した溶剤で再度薄塗りを繰り返し仕上げました。
引手レザー交換については、元々の引手のレザーパーツがありませんでしたので弊社保有のボッテガヴェネタの引手のレザーを裁断し、作成を行っています。今回のケースように引手の紛失でも同形状にて作成が可能ですのでご相談下さい。

    • 修理内容 全体染色+引き手レザー作成
    • ブランド名 ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)
    • 形状 財布
    • 修理詳細 表面と内装レザーの染色、コバ補修
    • ご依頼主様 東京都 N様
お客様の声
表面の自然な革質を残しつつ綺麗に仕上げて下さって満足です。
内装も奥行きまでしっかり染色して頂きありがとうございました。
avatar
東京都 N様