ホワイトハウスコックス(whitehouse-cox)ラウンドウォレット・メインファスナー交換の修理案件となります。

コルサ ホワイトハウスコックス ファスナー交換 カルテ
front

 

コルサ ホワイトハウスコックス ファスナー交換 カルテ1

コルサ ホワイトハウスコックス ファスナー交換 カルテ2
before

コルサ ホワイトハウスコックス ファスナー交換 カルテ3

after

 

  • 修理カルテ メインファスナー交換
  • ブランド名 ホワイトハウスコックス(whitehouse-cox)
  • 形状 ラウンドウォレット
  • 修理詳細 ファスナー開閉困難の為、似寄りの色味のファスナーにて一式交換
  • 修理備考

今回のホワイトハウスコックスの修理案件については、ファスナーレールが損傷してしまい開閉が困難の為、似寄りの色味のファスナーにて一式交換を行っています。修理については一度表面・内側の糸目の縫製を解き、ファスナーを取り外していきます。その後、使用するファスナー・縫製糸を確認し元のファスナーの長さを測り裁断後、仮止めを行い取付ていきます。仮止め後は表面と内側の元穴をズレないように張り込み縫製を行い完成させていきます。またファスナー交換の際には元のホワイトハウスコックスの引手は移植を行って交換をしています。今回の様にファスナーの開閉がスムーズではなく困難な場合には交換修理にて改善が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。