グレゴリー(GREGORY)バッグパック・ショルダー根元再縫製の修理案件

コルサ ショルダー根元再縫製

front

コルサ グレゴリー ショルダー根元再縫製 カルテ1

before

コルサ グレゴリー ショルダー根元再縫製 カルテ

after

 

  • 修理カルテ ショルダー根元再縫製
  • ブランド名 グレゴリー(GREGORY)
  • 形状 バッグパック
  • 修理詳細 ショルダー部分に負荷が掛かりほつれによる再度縫製補修
  • 修理備考

今回のグレゴリーの修理案件についてはショルダー根元部分に負荷が掛かり、縫製糸がほつれてしまい現状不安定な状態となり、修理のご依頼となります。修理については一度内側からグログランテープの縫製を解き、ショルダーの縫製の糸目を解いていきます。その後、強度を現状よりも屈強にする為に補強材を張り込み、縫製を行っていきます。その際にショルダーの縫製が3度縫製を行っている構造となっていましたのでオリジナル同様に内縫い・表面から縫製・グログランテープのまとめの縫いの通りに再縫製を行いオリジナル通りに仕上げています。今回の様なほつれについては長きにわたり容量以上の負荷がかかってしまうと糸がはじけてしまいますので生地の損傷が起こる前に早めの補修をオススメしています。