ルイヴィトン (louis vuitton)モノグラム柄シャンティ・ファスナーポケット生地交換+ショルダーベルト継ぎ補修修理事例

ルイヴィトン シャンティ ファスナーポケット生地交換
front

ルイヴィトン シャンティ ファスナーポケット生地交換1
before

ルイヴィトン シャンティ ファスナーポケット生地交換2ルイヴィトン シャンティ ファスナーポケット生地交換3
after

 

  • 修理カルテ ファスナーポケット生地交換+ショルダーベルト継ぎ補修
  • ブランド名 ルイヴィトン (louis vuitton)モノグラム・シャンティ
  • 形状 ショルダーバッグ
  • 修理詳細 内ポケット生地の合成皮革の劣化の交換及びショルダー根元部分のヌメ革継ぎ補修
  • ご依頼主様 埼玉県 O様
  • 修理備考

今回のルイヴィトン・シャンティの修理案件については内ポケットの生地が合成皮革が経年劣化及び、ショルダー根元部分のヌメ革の劣化の為補修・交換の修理となります。修理についてはシャンティの場合には被せ部分の内側のレザーの縫製を大きく解体を行います。その後、内側の袋を部分的に縫製を解き、内ポケット部分の生地を取り外していきます。合成皮革の生地を取り外した後は交換の際に使用する同色系統のシャンタン生地にて縫製を行い取り付けていきます。内ポケット交換後は、縫製解いた逆の手順にて同色の糸にて縫製していく完成となります。ショルダーベルトについては根元部分の縫製を大きに解き、劣化している部分の長さを測り、一度裁断後、現状の色味に近いヌメ革にて厚みを調節し継ぎ足して張り込み後、縫製し補修を行っています。今回の様に合成皮革は高温多湿でベタツキの劣化が起こってしまいます。またショルダーベルトは症状によっては作り直しも可能です。そのような症状の場合には交換修理にて対応可能ですので一度ご相談頂ければと思います。