クリスチャンルブタン( Christian Louboutin) CABATA ハンドル(平手)交換修理事例

今回のクリスチャンルブタン(christianlouboutin)の修理案件については、持手部分が経年変化によりレザーが砕けて損傷を起こしています。修理については似寄りの色味にて(黒・赤のレザー)一式交換となります。修理の際には一度持ち手部分の縫製を解き、元々のレザーの厚み、幅、コーティングの色味などを確認後、型紙を作成していきます。型紙作成後はレザー・芯材を裁断し型紙通りに寸法を作成していきます。レザーを作成後は持ち手部分から縫製し、バニッシュを塗布し、根元の縫製を行い完成させています。元々のループのパーツは再利用をしています。弊社では安定してクリスチャンルブタンのカバタの修理を行わせて頂いておりますので、持手の不具合のある場合には諦めずに一度ご相談下さい。

    • 修理内容 ハンドル(平手)交換
    • ブランド名 クリスチャンルブタン(christianlouboutin) CABATA
    • 形状 レザートートバッグ
    • 修理詳細 レザー表面の千切れ・劣化があり、同色系統のレザーにて作成修理