ポールスミス(Paul Smith) レザーブリーフバッグ 丸手交換の修理案件になります。

コルサ ポールスミス 修理 カルテ

 

 

 

 

 

front

 

コルサ ポールスミス 修理 カルテ1
 

 

 

 

before

 

コルサ ポールスミス 修理 カルテ2

 

 

 

 

 

 

コルサ ポールスミス 修理 カルテ3

 

 

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ 丸手交換
  • ブランド名 ポールスミス(Paul Smith)
  • 形状 レザーブリーフバッグ
  • 修理詳細 持手の千切れの損傷があり、左右一式作成にて交換
  • 修理備考

今回のようなポールスミスの持手が硬化しひび割れや、千切れている場合には、似寄りの色味のレザーにて左右一式作成が可能です。作成の際には一度、型紙に現状の持ち手の寸法を作成してから元々のレザー厚みを確認後、使用するレザーにて型紙通りに作成を行っています。また持手部分の断面のコバ部分については各種色味がありますが、似寄りの色味にて調色し塗布していきますので修理後も現状の色味と遜色なく修理を行います。経年変化や手持ち部分は特にダメージのかかる部分でもありますので使用していると持ち手部分に負荷がかかりますのでレザーが伸びてきた、レザーの表面部分が亀裂などが入ってきたなどの場合には諦めてしまう前に修理にて作成が可能ですので一度ご相談下さい。