ルイヴィトン( louis vuitton)ダミエ・チェルシー 持手交換の修理案件について

コルサ ルイヴィトン チェルシー 
front

 

コルサ ルイヴィトン チェルシー 持手交換 カルテ

before

コルサ ルイヴィトン チェルシー 持手交換 カルテ1
 

コルサ ルイヴィトン チェルシー 持手交換 カルテ2

after

 

  • 修理カルテ 持ち手再作成
  • ブランド名 ルイヴィトン(louis vuitton)ダミエ・チェルシー
  • 形状 トートバッグ
  • 修理詳細 持手部分ひび割れ、千切れのある為、作成修理
  • 修理備考

今回のルイヴィトン・チェルシーの修理案件については、経年変化によりクローム革のひび割れや劣化があり、似寄りの色のレザーにて左右一式を行っています。修理については一度、全体の長さ、厚み、幅を測り確認後、荒立ちを行い裁断を行っていきます。その後今回の持ち手については中央の部分が盛り上がりのある肉盛りの仕様となっておりますので、左右を革漉き機にて漉いて中央部分の厚みを出して接着にて張り込んでいきます。張り込み後は、左右を裁断を行い現状の幅の2㎝幅に作成していきます。裁断後は左右のステッチ幅を確認し縫製・コバのバニッシュを塗装・元穴通りに穴あけを行い作成を完成しています。今回の様に持ち手は長きに渡りしようしていますとひび割れや千切れの損傷が起こしますので、その様な場合には交換にて改善が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。またダミエのレザーについては弊社では別注にて作成しておりますので色味のブレなくサービスのご提供が可能です。