ルイヴィトン (louis vuitton)モノグラム・バケツ 内装交換の修理案件

ルイヴィトン モノグラム バケツ 内装交換
front

ルイヴィトン バケツ 内装交換

before

ルイヴィトン バケツ 内装交換 カルテ1   

after

 

  • 修理カルテ 口元バインダー交換・内装交換
  • ブランド名 ルイヴィトン (louis vuitton)モノグラム・バケツ
  • 形状 トートバッグ
  • 修理詳細 口元バインダー部分の損傷及び内側の合成皮革の劣化による交換
  • 修理備考

今回のルイヴィトン・バケットの修理案件については内装部分の合成皮革の経年変化よるベタツキが発生しており、同色の生地にて交換及び、口元バインダー部分のヌメ革交換修理の案件となります。修理については口元バインダー部分の縫製を解き、内側の袋の生地を取り外していきます。その後、元々のレザーパーツやファスナーなどについては再利用を行いますのでパーツを全て外し、元々の寸法を型紙に起こしていきます。型紙作成後は同色の生地(シャンタン)にて寸法通りに裁断していき、元のパーツを移植する加工を行います。加工し取付が完了しましたら生地同士を縫い合わせて口元部分に取付ていきます。内装を仮止めした後はバインダー部分のレザーを裁断し両サイドのライン(捻)を引き、革の厚みを整えてから外周の口元をバインダー巻き直し修理の工程が完了となります。今回の様な表面は綺麗な状態でも内側が合成皮革の場合には劣化してしまいベタツキが発生してしまうのでこのような場合には交換修理にて対応が可能です。諦めずに一度ご相談下さい。