カルティエ(Cartrier)パンテール・ショルダーベルト交換修理カルテ

カルティエ バッグ修理 財布修理
front

 

カルティエ ショルダーベルト交換1

before

カルティエ ショルダーベルト交換

after

 

  • 修理カルテ ショルダーベルト交換
  • ブランド名 カルティエ(Cartrier) パンテール
  • 形状 ショルダーバッグバッグ
  • ご依頼主 大阪府 K様
  • 修理詳細 ショルダーベルト表面の銀面浮き・内側の芯材劣化・バニッシュの損傷・及び表面の劣化の為、交換修理
  • 修理備考

今回のカルティエのパンテールのショルダーバッグの修理案件については、ショルダーベルト表面の銀面浮き・内側の芯材劣化・バニッシュの損傷・及び表面の劣化の為、交換修理となります。またお客様のご希望もあり、ショルダーベルトの位置をロゴの向きの反対になる関係上左右を反対に取付て交換を行っています。修理については、該当箇所の口元の縫製を解き、内側からアクセスを行い解体を行います。その際に元のショルダーベルトの幅・厚み・長さを測り作成を行っていきます。また今回作成の際に強度の関係上、元の肉盛り用の硬質のスポンジは取り外し、通常の平らなショルダーベルトに変更を行い作成を行っています。肉盛りを行い際には薄革に薄くして作成を行う関係上、表面の裂けやすいのレザー自体の厚みのあるものに変更し内側に芯材を入れて作成を行いました。今回の様にショルダーベルトが劣化してしまったなどについては修理可能ですので一度ご相談頂ければと思います。