ポールスミス(PaulSmith)持手ハンドル交換修理事例

ポールスミス ハンドル交換
front

 

ポールスミス ハンドル交換1
before

ポールスミス ハンドル交換2ポールスミス ハンドル交換3
after

 

  • 修理カルテ 持手ハンドル交換
  • ブランド名 ポールスミス(Paul Smith)
  • 形状 ナイロンビジネスバッグ
  • ご依頼主 山形県 I様
  • 修理詳細 持手の千切れの損傷があり、左右一式作成にて交換
  • 修理備考

今回のようなポールスミスの持手部分の中央の部分の芯材がレザーを突き破ってしまい修理のご依頼となります。修理については現状の中央の丸の芯をなくして現状よりも厚みのあるレザーにて作成交換を行っています。修理については一度、内側のグログランテープ(バイアステープ)部分の縫製の糸目を解いてアクセスをしていきます。その後、持ち手部分の糸目を解き分解後、型紙を作成していき、現状の厚み・幅・長さを確認していき裁断を行います。裁断後は補強材と芯材を張り込み、現状よりもレザーの厚みを出さしてからレザー同士を張り込み、飾りの縫製を掛けていきます。飾りの縫製後は、元々の穴位置に仮止めを行い本縫い後、縫製の際にアクセスを行っていたグログランテープの解いた箇所をまとめて完成となります。今回の様に経年変化によりレザーもひび割れや千切れなどが起こります。その際には交換修理にて改善が可能ですので一度ご相談下さい。