グッチ(GUCCI)内袋張り込み生地交換修理事例

グッチ 内袋交換
front

グッチ 内袋交換1
before

グッチ 内袋交換2
after

 

  • 修理カルテ 内袋交換
  • ブランド名 グッチ(GUCCI)
  • 形状 ハンドバッグバッグ
  • 修理詳細 内側の生地合成皮革による劣化の為、コットン生地にて一式張替
  • ご依頼主様 神奈川県 O様
  • 修理備考

今回のグッチの修理案件については内側の生地が合成皮革による袋にて作成されており、経年変化より、ベタツキが発生してしまい使用できないことから、一度縫製を全て解体を行いコットン生地にて一式交換を行っています。修理については表面の縫製を全てを解き、内側と接合している生地と表面を取り外していきます。その後、各パーツ事に裁断を行い、芯材の必要な個所については芯材を取り付けて縫製にて内側の生地同士を縫製にて接合していきます。内袋が完成後は表面の裏側に元の張り込み位置に仮止めを行い縫製します。マチの部分についてはバニッシュの処理となっていましたので一度以前の溶剤を剝がしてから再度バニッシュ処理を行い完成となります。今回の様な合成皮革の内袋は経年変化によりベタツキが発生してしまいますのでそのような症状の場合には交換修理にて対応可能ですので、一度ご相談頂ければと思います。