銀座タニザワ(TANIZAWA)ダレスバッグ・バニッシュ再塗装+口金革巻き直しのカスタム案件

タニザワ ダレスバッグ

 

front

タニザワ ダレスバッグ バニッシュ再塗装タニザワ ダレスバッグ バニッシュ再塗装1

before

 

after

タニザワ ダレスバッグ バニッシュ再塗装2タニザワ ダレスバッグ バニッシュ再塗装4

 

  • 修理カルテ バニッシュ再塗装+口金革巻き直し
  • ブランド名 銀座タニザワ(TANIZAWA)
  • 形状 ダレスバッグ
  • 修理詳細 断面のバニッシュの損傷及び口金のレザーの損傷があり、交換修理
  • ご依頼主様 静岡県 N様
  • 修理備考

今回のタニザワも修理案件については、断面のバニッシュの損傷による溶剤の剥がれ、口金のレザーがスレやキズより、レザーの剝がれや損傷が起こっている状況ですので再塗装と革の巻き直しの交換修理となります。修理については一度口金のネジを取り外し、口回りのステッチを全て除去し解体を行います。バニッシュ部分は外周全て溶剤を一度剝がしていき、打痕跡が著しい箇所を中心にサンディングを丁寧に行い滑らかにしていきます。その後バニッシュについては下地材を塗布、乾燥後、色を数回に分けて乾燥させていき塗布していきます。完全に感想後に仕上げ材を塗布しバニッシュについては完成となります。口金については解体後、現状のレザーを分解し型紙を作成していきます。その後、型紙通りに裁断を行います。また今回の口金ですと屈折がかなりありこのまま接着しても現状の様な曲線が出来ず皺だらけになりますので革に癖をつけてなじませてから張り込みを行っていきます。張り込み後は元穴同じところに拾えるように穴をあけて手縫いにて一目ずつ縫製を行います。その後、口金の留め金具をつけて完成となります。今回の様に口金のレザーが裂けた・バニッシュが何らかの原因で損傷した場合には修理が可能ですので一度ご相談頂ければと思います。