ゴヤール(GOYARD)サンルイPM ハンドル交換+口元バインダー交換+底マチ丈詰め修理事例

ゴヤール・サンルイ ハンドル交換 口元バインダー交換 底マチ丈詰め

 

front

ゴヤール・サンルイ ハンドル交換 口元バインダー交換 底マチ丈詰め5ゴヤール・サンルイ ハンドル交換 口元バインダー交換 底マチ丈詰め4

before

 

ゴヤール・サンルイ ハンドル交換 口元バインダー交換 底マチ丈詰め2ゴヤール・サンルイ ハンドル交換 口元バインダー交換 底マチ丈詰め1ゴヤール・サンルイ ハンドル交換 口元バインダー交換 底マチ丈詰め3

after

 

  • 修理カルテ ゴヤール(GOYARD)サンルイPM ハンドル交換+口元バインダー交換+底マチ丈詰め
  • ブランド名 ゴヤール(GOYARD) サンルイPM
  • 形状 トートバッグ
  • 修理詳細 ハンドル千切れ、口元バインダーの損傷及び、底マチの角の破れの修理
  • ご依頼主様 神奈川県 K様
  • 修理備考

今回のゴヤールのサンルイの修理案件については、ハンドル部分のレザーの表面が千切れている箇所と口元バインダー交換のひび割れ、底マチの角部分の穴があり修理のご依頼となります。修理については一度持ち手の縫製、口元バインダーの縫製後、バッグを一度ひっくり返してから裏側のバインダーの縫製を解き、底マチの生地を分解を行います。その後、損傷を起こしている箇所がなくなる程度に生地を直線に裁断後、底マチを縫製しバインダーを巻き直し補修していきます。底マチの修理完了後、口元バインダーを巻き直し、芯材を入れたレザーとレザー同士を張り込み、現状の形状に裁断を行いハンドルの縫製・コバ処理を行います。完全にバニッシュの方が乾燥したら根元部分を現状通りに縫製し完成となります。ハンドルや口元バインダー交換については一式交換を行う事で違和感なくご使用が可能ですのでセットで修理をオススメをしています。四つ角部分は当て革の補修と丈詰めの修理の2種類からお選び頂き修理が可能です。その他のご依頼にもご対応可能となりますのでお困りの際にはご相談頂ければと思います。