ポールスミス(paulsmith) 二つ折り財布・ほつれ再縫製の修理案件になります。

コルサ ポールスミス リステッチ カルテ

 

 

 

front

 

コルサ ポールスミス リステッチ カルテ1

 

 

 

 

 

before

 

コルサ ポールスミス リステッチ カルテ2

 

 

 

 

 

after

 

 

  • 修理カルテ ほつれ再縫製
  • ブランド名 ポールスミス(paulsmith) 
  • 形状 二つ折り長財布
  • 修理詳細 糸目のほつれにより再縫製の補修
  • 修理備考

今回のポールスミスの長財布修理案件については、糸目が経年変化により大幅にほつれており、再縫製による補修となります。ほつれたままにしておくと他の箇所に負担がかかり、レザーの損傷などが起こりますのでほつれが目立ってしまう場合には早めの補修をお勧めしております。また今回ほつれとは別にコバの断面のバニッシュが広範囲で剝がれていましたのでこちらもレザーとレザーの貼り合わせの部分を保護する目的の為コーティングされているものとなりますので再縫製後に一度剝がれかけの左右のバニッシュを剝がして下地から作り直し、似寄りの色を塗布後、仕上げの溶剤を塗布し仕上げていますので修理前段階よりもかなり屈強になったかと思います。今回の様に糸目のほつれが起こっている場合にはバニッシュの剝がれも起きているケースもございますので修理の際には同時に修理をお勧めしております。