セリーヌ(celine)トラペーズ・持手芯交換の修理案件になります。

コルサ セリーヌ 持手芯交換 カルテ

 

 

 

 

front

 

コルサ セリーヌ 持手芯交換 カルテ1
 

 

 

 

 

before

 

コルサ セリーヌ 持手芯交換 カルテ2
 

 

 

 

after

 

 

  • 修理カルテ 持手芯交換
  • ブランド名 セリーヌ(celine)トラペーズ
  • 形状 ハンドバッグ
  • 修理詳細 持手内側の芯材の折れにより、芯交換
  • 修理備考

今回のセリーヌ・トラペーズの修理案件については持手の内側に入っている筒状の芯材は折れてしまっているので交換修理の案件となります。修理の際には現状の筒状の芯材の厚み、幅を図り、同様の規格の芯材を手配してからの交換となります。一度持手の縫製を解き、現状の芯材の長さを図り手配した芯材を同じ長さに裁断してから現状の持手に慎重に入れ込み再度縫製を行い交換を行っていきます。その際にバニッシュも断面が剝がれているので整えた後に似寄りの色を調色し再度コーティングを行い仕上げていきます。今回の様に内側の芯材のみ損傷を起こしてしまう事は他社ブランドでも稀にありますので表面が損傷していない場合には芯材交換のみの修理も可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。