セリーヌ(CELINE)マカダム柄・ミニボストンバッグ ファスナー交換、パイピング交換の修理案件になります。

コルサ セリーヌ ファスナー交換・パイピング交換 カルテ

 

 

 

 

 

 

front

 

コルサ セリーヌ ファスナー交換・パイピング交換 カルテ1

 

 

 

 

 

コルサ セリーヌ ファスナー交換・パイピング交換 カルテ2

 

 

 

 

 

before

 

コルサ セリーヌ ファスナー交換・パイピング交換 カルテ3

 

 

 

 

 

コルサ セリーヌ ファスナー交換・パイピング交換 カルテ4

 

 

 

 

 

after

 

 

  • 修理カルテ メインファスナー交換・パイピング交換
  • ブランド名 セリーヌ(CELINE) マカダム柄
  • 形状 ミニボストンバッグ
  • 修理詳細 レール部分の開閉の不具合の為、ファスナー一式交換、パイピング部分、表面損傷の為交換
  • 修理備考

今回のセリーヌのミニボストンバッグ修理案件については、ファスナーの金属レールが固く、開閉が困難な為、ファスナーについては交換を行っています。パイピング部分については四つ角部分のレザーの表面が損傷を起こしている為、ご依頼については部分補修で当て革を張り込み継ぎ目のでる補修でしたが、修理の際にバッグをひっくり返して内側の縫製側にする際にヴィンテージ製品ですのでレザーの強度がなく他の箇所もひび割れなどの損傷が起こり、今回はパイピング部分を一式作り直して修理を行っています。ファスナー交換についてはレザーテープ部分の縫製糸を全て解き、その際にレザーテープ部分の芯材も経年変化によりボロボロとなっていましたので元通りにする前に芯材を作り直して補強してから交換修理を行います。ファスナーを取り付け前にパイピングを左右一式交換しその後、似寄りの色味のファスナーにて仮止めを行ってから内袋も張り込み縫製を行い完成させています。その際に現状同様に引手の移植を行っていますので見た目遜色なく交換を行っています。ヴィンテージ製品については現状の解かないままでは状態が良く見えても様々な個所が劣化している恐れがあります。そのような場合には修理の際に補強や修繕を行いリペアを行っていますのでご依頼前よりも屈強になり、安心して使用が可能となります。眠らせていて使おうとした際に劣化していたなどの案件については諦めずに一度ご相談下さい。