マリメッコ(Marimekko)ショルダー根元再縫製の修理事例

今回のマリメッコの修理案件については、ショルダー部分の生地が重さを耐えられず、片側が千切れている修理案件となり補強後、再縫製を行う修理となります。修理については一度内側のグログランテープ(バイアステープ)の縫製を解き、今回修理を行う箇所までアクセスを行い一度ショルダー部分の縫製をほどいてから補強材を張り込み補修を行います。その際に千切れたまま補修を行っても同様の損傷を起こす可能性がありますので数ミリ程度裁断を行い左右の長さを整えてから再度縫製を行い取り付けていきます。バッグパックは容量をかなり詰め込めるので規定量以上に詰め込みすぎて今回の様な損傷を起こす可能性がありますが、修理にて改善が可能ですので諦めずにご相談下さい。

    • 修理内容 ショルダー根元部分破れ再縫製/li>
    • ブランド名 マリメッコ(Marimekko)
    • 形状 バッグパック
    • 修理詳細ショルダー部分の生地の破れの補修