フルラ(FURLA)ハンドバッグ・根革交換の修理案件となります。

コルサ フルラ 根革交換 カルテ
 

 

 

 

 

 

front

コルサ フルラ 根革交換 カルテ1

 

 

 

 

 

 

before

コルサ フルラ 根革交換 カルテ2

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ 根革交換
  • ブランド名 フルラ(FURLA)
  • 形状 ハンドバッグ
  • 修理詳細 根革部分、千切れ及び接着剤塗布により補強交換
  • 修理備考

今回のフルラの修理案件については、損傷を起こしている箇所に瞬間接着剤を塗布してあり、表面及び根革の縫製を行う箇所も損傷を起こして弱っていましたので似寄りの色味のレザーを張り込み、根革を作成し交換を行っています。修理についてはバニッシュ部分と縫製を剥がして内側からアクセスを行い、元々の根革部分の縫製を解きます。その後、補強用の当て革を張り込み根革のレザーのループを通して縫製を行い取り付けていきます。取り付け後は縫製を解いたバニッシュ及び、縫製を行い修理を完成させています。今回の様に瞬間接着剤の塗布は一時的に固定は出来ますが、元通りどころかレザーに負担がかかり千切れてしまうリスクしかありませんので根革部分のパーツが弱ってきた場合には早めの修理が長くバッグを使用する秘訣となりますのでご相談下さい。