ルイヴィトン(louis vuitton)グラフィット・トワレポーチ ファスナー交換・持手交換の修理案件となります。

コルサ ルイヴィトン トワレポーチ修理
front

コルサ ルイヴィトン トワレポーチ カルテ

 

before

コルサ ルイヴィトン トワレポーチ カルテ1

 

after

 

  • 修理カルテ ファスナー交換・持手交換
  • ブランド名 ルイヴィトン(グラフィット)・トワレポーチ
  • 形状 ハンドバッグ
  • 修理詳細 ファスナーレール千切れ・持手劣化の為、交換
  • 修理備考

今回のルイヴィトントワレポーチの修理案件については、ファスナーレール(生地)が千切れ・持手部分のレザーが経年変化により芯材の崩れやレザーの伸びやヨレがあり、似寄りの色味のファスナーやレザーにて交換を行っています。修理については一度バッグ全体を裏返しにひっくり返してグログランテープをの糸目を解き、本体の内縫いにて行われている縫製糸を解き部分的に分解を行います。その後、現状の持手部分のレザーのパーツを取り外し寸法を測り、厚みや幅を確認後裁断を行い作成していきます。作成後断面のバニッシュの処理を行い取付ていきます。持手取付後はファスナーレールの縫製を解き、現状の長さを確認後、使用するファスナーを本体に縫製を行い引手を移植していきます。今回修理のファスナー・持手を取付ていきましたら元々の内縫いの縫製とグログランテープの糸目を元通りに行い完成させています。今回の様に持手が損傷を起こした・ファスナーテープが千切れたなどについては修理に改善が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。