サンローラン(saint laurent)持ち手再作成の修理案件について

コルサ サンローラン 持手交換①
front

 

コルサ サンローラン 持手交換① カルテ

before

コルサ サンローラン 持手交換① カルテ1

 

after

 

  • 修理カルテ 持手再作成
  • ブランド名 サンローラン(saint laurent)
  • 形状 トートバッグ
  • 修理詳細 持ち手部分のひび割れ、劣化があり、左右一式作成修理
  • 修理備考

今回のサンローランの修理案件については、持手部分が経年変化により、レザー表面がひび割れや千切れがあり、交換の修理となります。修理については内側から縫製のステッチを取り外し、分解を行います。その後、現状の持手のレザーの幅、長さ、厚みを測り使用する似寄りの色味のグレージュ系統のレザーを裁断を行います。裁断後は根本以外の箇所はステッチをかけてバニッシュにて塗装後、完全に乾燥しましたら根元の元穴通りに縫製を行い完成させています。今回かなり近い色味のレザーにて作成交換を行いましたので見た目遜色なく交換出来たかと思います。持手が千切れ、表面がひび割れしている場合には修理にて改善が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。