シャネル(CHANEL)復刻トート・玉縁パイピング交換について

シャネル 復刻トート
front

 

シャネル 復刻トート 玉縁パイピング交換

before

シャネル パイピング修理 シャネル 復刻トート 玉縁パイピング交換 1

after

 

  • 修理カルテ 玉縁パイピング交換
  • ブランド名 シャネル(CHANEL) 復刻トート
  • 形状 トートバッグ
  • ご依頼主 千葉県 I様
  • 修理詳細 四つ角部分のレザーの裂け、芯材の劣化のある為、巻き直し修理
  • 修理備考

今回のシャネル修理案件については、底面のパイピング部分四つ角部分がレザーの裂けと芯材が折れていましたので同色系統のレザーにて巻き直し交換修理を行っています。修理については口元の縫製を解き、慎重に解体を行いひっくり返していきます。その後、レザーとレザーの接合している縫製をほどいて元々の玉縁を取り外していきます。取り外した後は元々の長さ・厚み・幅を確認を交換の際に使用するレザーを裁断を行います。裁断後はレザーの厚みを薄くしてから玉縁用の芯材に革を巻いてセッティングを行います。縫製の際には端の切り込み口の跡を確認しながら玉縁パイピングを歪みのないように縫製にてまとめていき、元々の内袋などを戻して口元を縫い直して完成となります。今回の様な四つ角部分がレザーが裂けてしまった場合には、修理にて改善が可能ですので一度ご相談頂ければと思います。