プラダ(PRADA) リュックサック・表面破れ修理の修理案件になります。

コルサ プラダ 表面破れ修理 カルテ

 

 

 

 

 

 

front

 

コルサ プラダ 表面破れ修理 カルテ1

 

 

 

 

 

before

 

コルサ プラダ 表面破れ修理 カルテ2
 

 

 

 

 

after

 

 

  • 修理カルテ 表面破れ修理
  • ブランド名 プラダ(PRADA)
  • 形状 リュックサック
  • 修理詳細 他社修理での表面の破れ補修の再修理
  • 修理備考

今回のプラダの表面破れ修理の案件については、他社様で修理を行ったもののあまりにも元々の縫製とかけ離れた修理というより、修理に近いものでお渡しだったこともありお客様からご依頼を頂きました。修理を行う際に表面のズタズタに縫製してあるタタキ縫いの糸目を解き、このリュックには使用するはずのない不要なタタキ縫いに使用した当て革とホチキスの芯を取り外してから修理を行っていきます。通常こちらの修理を行う際には表面のみで何かを施す事はなく、すべて内側からアクセスを行い完結するバッグとなりますので内袋を開いてから生地の弱っている箇所を補修してから購入時同様の折り伏せ縫いにて修理を行い完成させています。このような修理についても弊社ではご依頼を頂く事がありますが、大切なバッグの場合には諦めずに一度ご相談頂ければと思います。