ルイヴィトン(Loius vuitton)タイガ ブリーフバッグ・内装交換の修理案件になります。

コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ

 

 

 

 

 

 

front

 

コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ1

 

 

 

 

 

コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ2

 

 

 

 

before

 

 

コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ3
 

 

 

 

 

コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ4

 

 

 

 

 

after

 

 

  • 修理カルテ 3室内装交換
  • ブランド名 ルイヴィトン(loius vuitton)タイガ
  • 形状 ロザン・ブリーフバッグ
  • 修理詳細 内側の合成皮革の劣化の為、3室シャンタン生地にて交換修理
  • 修理備考

今回のルイヴィトンのロザン・ブリーフバッグの修理案件については、元々内側の生地が合成皮革の生地を使用しており、経年変化により劣化してべたつきや粉吹きなどが発生していますので交換のご依頼を頂いています。今回の内装交換については、張り込みの仕様となっていますので全てのパーツをパズルのように解体し合成皮革の生地を全て取り除いてから現状の寸法通りにシャンタン生地を作成し張り込んでいきます。全てのパーツにシャンタン生地を張り込んだ後にはマチと表面、背面のパーツを仮止めを行います。縫製を行って縫い合わせて取り付けて組み立て縫製は完了となります。組立後は底マチ部分のみ断面のコバが出来ていますのでズレやがたつきを整えてからバニッシュを塗装して完成となります。合成皮革は高温多湿の場合にはべたつきや剝がれなどがどうしても発生してしまいます。このような場合には交換にて修理が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。