ルイヴィトン(Loius Vuitton) エピ 札入れ、内装交換の修理案件になります。

コルサ ルイヴィトン 修理 カルテ1

 

 

 

 

 

 

front

 

コルサ ルイヴィトン 修理 カルテ2 
 

 

 

 

 

コルサ ルイヴィトン 修理 カルテ3

 

 

 

before

 

コルサ ルイヴィトン 修理 カルテ4

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ 内装交換3室
  • ブランド名 ルイヴィトン(Loius Vuitton) エピ
  • 形状 札入れ
  • 修理詳細 合成皮革のべたつきがあり、3室シャンタン生地にて交換
  • 修理備考

内装交換の案件については、札入れ部分の内側が合成皮革の生地を使用してあり、べたつき、粒子が散らばることから交換を行っています。交換を行う際に使用していますシャンタン生地については合成皮革とは違い、裂けたり、著しい傷がつかなければ、自然に劣化の心配などはなく、修理後もべたつきなどの心配はなく安心です。また交換の生地についてはサンプル帳から色味をお選びいただき、青色に変更を行っていますが、エピの色味もあり、とてもカスタマイズとしては愛着を持って使用できるのではないかと思います。基本的には生地の交換については元の色にて変更となりますが、今回のような色味の変更も可能ですので修理の際にはご相談下さい。