バリー(BALLY)ショルダーバッグ・ショルダー部分破れ補修の修理案件となります。

コルサ バリー ショルダー根元破れ補修 カルテ
 

 

 

 

 

front

コルサ バリー ショルダー根元破れ補修 カルテ1

 

 

 

 

before

コルサ バリー ショルダー根元破れ補修 カルテ2

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ ショルダー部分根元再縫製
  • ブランド名 バリー(BALLY)
  • 形状 ショルダーバッグ
  • 修理詳細 ショルダー部分の根元の生地損傷の為、補強後、再縫製
  • 修理備考

今回のバリーの修理案件については、ショルダー部分の根元の生地が負荷がかかり千切れて損傷を起こしていましたので補強後、再度縫製を行い修理を完成させています。修理については表面の仕様が玉縁パイピングの仕様となっていますので内側のグログランテープ(バイアステープ)の縫製を解き、パイピングの縫製と内側の生地の内縫いの縫製を解き、分解後ショルダー部分の補強を行っていきます。その際に生地が損傷を起こしている箇所については数ミリ裁断後、均一な状態に整えてから内側に補強材を張り込んだ後、解いた逆の手順にて再縫製を行い元通りにしていきます。今回の様にショルダー部分が何らかの形で千切れたもしくは縫製の糸が緩み負担がかかっているなどの案件については修理にて改善が可能ですので諦めずにご相談下さい。