ルイヴィトン(louis vuitton)モノグラム・ジョヌフィーユ・内装交換の修理案件になります。

 

コルサ ルイヴィトン 内装交換

 

 

 

 

 

 

front

コルサ ルイヴィトン 内装交換 カルテ

 

 

 

 

before

コルサ ルイヴィトン 内装交換 カルテ1

 

 

 

 

 

 

コルサ ルイヴィトン 内装交換 カルテ2

 

 

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ 内装交換2室
  • ブランド名 ルイヴィトン(Loius Vuitton)モノグラム・ジョヌフィーユ
  • 形状 ショルダーバッグ
  • 修理詳細 内装部分、合成皮革の劣化の為、似寄りの色味のシャンタン生地にて交換修理

今回のルイヴィトン・ジョヌフィーユの修理案件については、経年変化により、合成皮革の箇所が劣化しべたつきや粉吹きなどがあり、似寄りの色味のシャンタン生地にて交換を行っています。修理については、メインファスナー部分の縫製を解き、ポケットを取り外し、一度バッグを裏返しにしてから玉縁パイピングの縫製を内側から解いて背面のポケット箇所までアクセスを行います。その後、合成皮革の生地を取り外し、現状の大きさに裁断し交換のシャンタン生地を仮止めを行い縫製して取付ていきます。交換後は現状の縫製通り玉縁パイピングの縫製を行い元通りにしていきます。メイン部分のポケットの合成皮革の箇所については取り出したポケットの裏側から縫製を解き、現状の生地の大きさを採寸・裁断を行い背面ポケット同様に仮止めを行い縫製を行い交換修理を行います。合成皮革の2室を取り外した後にはメイン部分の縫製を元通りして完成となります。今回の様に経年変化により合成皮革が劣化しべたつきや粉吹きが起こった場合には生地の交換にて改善が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。