プラダ(PRADA)ブリーフバッグ・丸手再作成の修理案件となります。

コルサ プラダ ブリーフバッグ 丸手再作成1

 

 

 

 

 

 

front

コルサ プラダ ブリーフバッグ 丸手再作成1 カルテ

 

 

 

 

 

before

コルサ プラダ ブリーフバッグ 丸手再作成1 カルテ2

 

 

 

 

 

コルサ プラダ ブリーフバッグ 丸手再作成1 カルテ3

 

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ 丸手作成
  • ブランド名 プラダ(PRADA)サフィアーノ
  • 形状 ブリーフバッグ
  • 修理詳細 持手部分のレザーの劣化により、似寄りの色のレザーにて左右一式交換
  • 修理備考

今回のプラダのブリーフバッグ修理案件については、レザーの表面部分の劣化や損傷を起こし芯材まで剥き出しとなりますので、似寄りの色味の青系のスムースレザーにて左右一式交換を行っています。修理については該当箇所の縫製を解き、元々のレザーの取り外してから、持手部分の寸法を測り、型紙を作成していきます。その後型紙からレザーを裁断を行い筒状の芯材を内側に張り込み縫製を行っていきます。Dカンの根元に持ち手を取り付けた後は元々の縫製通りに事前に穴をあけていた箇所を手縫い縫製をまとめて完成となります。今回の様に持ち手部分が損傷してしまった。コバの断面が劣化しレザー本体が劣化しているなどについては修理にて改善できますので諦めずにご相談下さい。