持手交換について

ハンドバッグ、トートバッグなど、ビジネスバッグにはに多種多様にメーカーなどで持ち手がありますが、
購入時はレザー内部のの芯材の強度もしっかりしていますが、長きに渡り使用を行っている芯材が不具合を起こしたり、レザーの表面が硬化するなどのトラブルが起こります。

この様な場合には似寄りの色味の持ち手にて交換となりますので、レザーが伸びてきた、レザー表面が損傷している、芯材が折れた、または癖などが付き持ちづらくなったなどの場合には交換が可能ですので、修理を検討してみましょう。

持ち手交換の修理については

損傷を起こしている持ち手部分の縫製を解き似寄りの色のレザー、芯材にて交換を行いますので様々なブランドのバッグ、ショルダーバッグなどは修理可能です 安心してご依頼ください。

持ち手修理については

修理前(before)

コルサ 持ち手交換 before①

 

 

 

 

 

 

 

持ち手交換の修理前のビフォーの画像です。

丸手の根元部分のレザーが千切れており、現状のままでは使用が難しい状態となります。

コルサ 持ち手交換 before②
 

 

 

持ち手交換の際には、現状の修理前の寸法を確認し一点、一点測り、元の長さ、厚み、幅通りに裁断後、芯材などを同様に作成を行います。裁断後には元々の厚みに近い芯材を中央に取り付けて仮止めを行い縫製を行い作成をしていきます。

修理後(after)

コルサ 持ち手交換 after

 

 

 

 

 

 

持ち手交換のAFTER写真です

仮止め後、持ち手部分の縫製を行い、コバ(バニッシュ)処理を行い断面の補強後、根元の縫製をバッグ本体に取り付けて完成です。

似寄りの色のレザーにて交換し、元々の厚みと同様の厚みにて作成を行い交換をしていますので

また長く使用が可能になりました。

丸手の持ち手以外にも平手の持ち手、一本持ち手などの交換も可能です。

損傷が酷く使いづらいなどのトラブルが起きてしまった場合には一度ご相談下さい。