フェンディ(FENDI)について

フェンディ バッグ修理 財布修理
フェンディ(FENDI)は1925年、アドーレ・フェンディとエドアルド・フェンディがイタリア・ローマで毛皮工房として創業しました。現在では、毛皮の他、バッグ・靴などのレザーグッズをはじめ、服飾、サングラス、宝飾品、時計など、広い分野に商品を展開し、イタリアを代表するラグジュアリーブランドになっています。

フェンディでの修理で多い修理についてはバッグではレザーの持手やレザーパーツ・ショルダーベルトの表面のひび割れや千切れの損傷が多く、ヴィンテージ製品ですと合成皮革のパーツを使用しているものありベタツキよる交換などが多いです。またファスナー部分は開閉が一番多い箇所でもあり、交換のご依頼が多い修理案件になります。

財布や小物製品の修理ではバッグ同様にファスナー関連の不具合やコバ周りのべたつきや剥離。一番ご相談の多い案件についてはホックの摩耗による締めても閉じないなどの修理案件が多いです。

上記の内容の修理についてはどれも修理が可能ですので少しでも近い症状の場合には諦めずに一度ご相談下さい。

フェンディ(FENDI)純正修理については

フェンディ 修理

メーカー修理については

  • 販売証明書やレシートを持参しているか
  • 直営店または公式オンラインストアにて購入しているか

著しい損傷など古い製品は修理対応不可になる可能性があります。

コルサ鞄修理専門店ではメーカー修理で対応不可になった製品
でも修理実績豊富ですので納期の面や金額でお困りの場合には
相見積もりもオススメです。

それではフェンディのご依頼の多い修理をご紹介させて頂きます。

 

フェンディ(FENDI)修理については

フェンディ 修理
 
フェンディのバッグは様々なシリーズのラインがあり、定番のズッカ柄やペカン柄。近年人気のモンスターやバゲット、ピーカブー、バイ ザ ウェイ、セレリアなどが挙げられますが、どれも修理が可能なように作られている精巧なバッグがほとんどです。

修理についてフェンディは中々作りがしっかりしているものが多く中々壊れづらいようにできているものが多いですが、長らく使用していると不具合が出てくる箇所もありますのでトラブルの際には下記の内容をご参照ください。

根革の交換・レザーパーツ関連の交換

フェンディのバッグは丈夫ですが、年数が経ってくると経年劣化により、ショルダーの根革(付け根)は弱ってきて最終的に亀裂、ひび割れなど損傷してしまいます。
根革交換の際には該当箇所の縫製を解き、似たようなレザーにて交換となります。

  • 根革の交換 一か所 7700~
  •  

    ショルダーベルトの交換

    ショルダーベルトですが、屈折などを繰り返し、経年劣化によりレザー部分が亀裂、ひび割れなどを起こし損傷していきます。

    修理の際には似たような色のレザーにて交換となりますので、見た目遜色なく交換可能です。

    • ショルダーベルト交換 一式 18700~

     

    サル革の交換

    ショルダーベルトを調節する際に通すレザー部分の輪っかをサル革と呼びます。

    こちらも調節を繰り返しヌメ革の損傷が年数が経つにつれて徐々にひび割れや亀裂等が入ってくる箇所となりますので交換の際には似たようなレザーにて専用の捻で(両サイド線)ラインを入れ、オリジナルと遜色ないように交換していきます。

    • サル革の交換 一か所 2200~

     

    パイピング交換

    フェンディ 玉縁パイピング交換

    生地やレザーを張り合わせレザーにて縫製しているフェンディのショルダーバッグですが、スレやキズなど経年劣化により、
    損傷する可能性のある箇所ですのでレザーが損傷が目立ってきた際には本体のレザー・生地・PVCなどが痛む前に早めの交換をお勧めしています。

    またヴィンテージ製品では合成皮革のパーツを使用しているものもあり、交換の際には本革のレザーにて巻き直しや交換を行いますので今後は安心して使用が可能となります。

  • パイピング交換 一式 16700~
  • マグネットホック・バネホック交換

    フラップ部分の内側にある磁石で止めるパーツをマグネットホックと言いますが、長きにわたり使用していると

    内側の留め具が折れたり、錆などで締りが悪くなるなどの損傷を起こす可能性があります。

    交換の際には似たような色のマグネットホック金具にて左右一式交換をしますのでフラップ部分が締りづらいなどの

    アクシデントを解消できます。

    バネホックについては先端の突起と受けの空洞のある金具にて固定しているパーツですが、差し込みを繰り返すことで先端の突起の金属がすり減り差し込んでも閉まらないなどのご相談が多くあります。

    修理については現状の色味のホックにてオスメス一式交換を行い、差し込みの機能を改善していきます。

  • マグネットホック交換 一式 6600~
  • バネホック交換 左右一式 4400~
  • バニッシュ再塗装

    フェンディ バニッシュ再塗装

    持ち手や断面のある仕様の場合には経年変化により塗料のべたつきや剥離が起こる可能性があります。その様な場合にはバニッシュ再塗装にて対応可能です。

    バニッシュ再塗装については弊社では一度現状のバニッシュの塗料をはがしてからサンディング後、3工程の作業にてバニッシュの再塗装を行います。

    完全にバニッシュを除去後はサンディング、下地の塗料・色の塗料・仕上げ材の3工程を行い屈強バニッシュを塗装して修理を行います。

  • バニッシュ再塗装 一式 9900~
  • ファスナー交換・スライダー交換

    バッグや小物製品で一番消耗の可能性が多い箇所としてはファスナーやスライダー関連が多いです。

    開閉を繰り返す内にに金属や樹脂のファスナーがすり減り、長きにわたり使用しているとスライダーが開閉の際に固い・もしくは閉じてきても閉まらない。

    ファスナーについてもファスナーのテープ(台布)が裂けてきたなどのトラブルが起こります。

    その様な場合にはスライダーの交換やファスナーの交換を行う事で解決が出来ます。

    交換については現状のファスナーやスライダーに近いものを一点・一点カラーサンプル帳にて確認後、ご依頼主様に確認し交換を行っていますので修理後も見た目違和感なく交換を行っています。

    またオリジナルの引手については移植を行い交換をしていますので修理後も違和感なく使用が可能となっています。

  • スライダー交換 一ヵ所 4400~
  • ファスナー交換 一式 9900~(仕様や構造により変動)