ゲンテン(genten)の修理について

国内のブランドのレザーバッグで定評のあるゲンテン。

こちらでは修理に携わる鞄修理専門店の職人がよくある修理内容を詳しくご紹介させて頂きます。

例えば、少しこの箇所が不具合があってどうにかしたい。

この部分はカスタム出来るかな。そんなご質問も弊社ではので幅広く対応可能ですので一度ご相談下さい。

ゲンテン(genten)の修理ではバッグから小物製品まで幅広く修理対応が可能です。

ご依頼の多くはバッグでは持ち手交換、内装交換、ファスナー、レザーパーツ交換

小物製品ではほつれ再縫製、ファスナー交換、ホック交換など

修理が可能ですのでお困りの際には下記の内容をご参照ください。

ゲンテン修理について

ファスナーレールや、スライダー金具の不具合

上記の様なファスナーテープに穴があく、金属レールの欠けたなどの場合には交換のタイミングとなります。

ゲンテンでの修理多くはバッグ、小物製品等でファスナーの開閉でのトラブルが多いです。

修理の際には2種類の修理要因が考えられます。

・スライダー不具合スライダー(引手の取っ手がついている金具)の開閉の際に金属が開閉しすぎる事で

削れてしまい、ファスナーが閉じなくなります。

修理としましては部分的に縫製をに解き、スライダーのみを交換していきます。

その際にオリジナルの引手は通常交換となります(※特殊なパーツを除く)

・ファスナーの不具合

ファスナーの不調の際には以下の要因が考えられます。

ファスナー生地の損傷(破れ等)、ファスナーレールの開閉の際の金属疲労など。

交換の際には似たよう色味の生地のファスナーにて弊社では交換となります。

またスライダー交換同様に引手は基本的に移植可能となります。

  • ファスナー交換 一式 8800~
  • スライダー交換 一ヶ所 3850~

持手交換の修理について
ゲンテンは縫製が丁寧で、とても繊細な作りの持手です。

修理の際には似たようなレザーにて交換となりますので修理後も見た目遜色なく交換可能です。

修理のタイミングについては

持ち手にちぎれや損傷が見られる

コバ(バニッシュ)が劣化し革の断面から損傷しかけている

こういったケースは早めの修理をお勧めしています。

 

  • 平手交換 左右一式 15400~
  • 丸手交換 左右一式 18700~

口元パイピング交換&玉縁パイピング交換
口元部分の周囲をレザーで縫製しているレザーも経年劣化により、擦り切れや損傷が起こる箇所です。

交換の際には似たような色のレザーにてぐるっと一式交換しますので頑丈になり、見た目遜色なく交換可能です。

交換可能のタイミングについては

レザーにひび割れや千切れが見られる

玉縁のポリ芯がレザーが損傷して見えている

  • 口元パイピング交換 一式 16500~
  • 玉縁パイピング交換 一式 18700~

クリーニング&染色について
長きに渡り使用しようしていると表面や内部が汚れなど不純物が付着していますので

修理を行う際には修理+クリーニングをお勧めしています。またレザー部分の糸スレや退色が目立つ場合は染色も

お預かりの際にご提案もしています。

 

クリーニング&染色については

表面が汚れなどでベタベタしている

内部の臭いをリフレッシュしたいなど

色スレが所々ある

退色が目立つ元の色味に近づけたい

こういった場合はクリーニングや染色のタイミングとなります。

 

  • クリーニング 一式 8800~(小物製品のは3850~)
  • 全体染色  13200~(大きさにより異なる)

内装交換について

ゲンテンでの内装は、経年変化により生地が損傷する可能性があります。交換の際には似たような色味の生地にて専門の職人が交換していきますので違和感なく交換可能です。

 

  • 内装交換(落とし込み)※大きさ形よりことなる 18700~
  • 内装交換(張り込み)22000~