ルイヴィトン(Loius Vuitton)バビロン・持手再作成の修理案件について

コルサ ルイヴィトン・バビロン 持手交換
front

 

コルサ ルイヴィトン・バビロン 持手交換 カルテ

before

コルサ ルイヴィトン・バビロン 持手交換 カルテ1

 

コルサ ルイヴィトン・バビロン 持手交換 カルテ2

after

 

  • 修理カルテ 持手(平手)交換
  • ブランド名 ルイヴィトン(louis vuitton)バビロン
  • 形状 トートバッグ
  • 修理詳細 持ち手の根元部分の千切れの為、左右一式交換修理
  • 修理備考

今回のルイヴィトン・バビロンの修理案件については、持ち手根元部分のヌメ革が千切れてしまい左右一式交換を行っています。修理については一度持手と根元部分の金具から持手を取り外し、現状のヌメ革の長さ・幅・厚みを測り裁断を行います。その後裁断したレザー同士を貼り合わせサイドの焼捻(ライン)を引いてから断面コバの色味を作成し塗布していきます。コバが完全に乾いた後はDカン金具に持手の根元にレザーを通して接着後、現状の糸目に近い糸を使用し縫製を行い完成となります。ルイヴィトンのヌメ革は購入時は丈夫で強度もありますが経年変化によりヨレやひび割れなどによって弱ってきますので損傷を起こしてしまった場合には交換修理にて改善が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。