ルイヴィトン(louis vuitton)ネヴァーフル・ヌメ革全交換の修理案件について

コルサ ルイヴィトン ネヴァーフル カルテ 
front

 

コルサ ルイヴィトン ネヴァーフル カルテ1

before

コルサ ルイヴィトン ネヴァーフル カルテ2

 

コルサ ルイヴィトン ネヴァーフル カルテ3

after

 

  • 修理カルテ ヌメ革全交換
  • ブランド名 ルイヴィトン(louis vuitton)ネヴァーフル・アズール
  • 形状 トートバッグ
  • 修理詳細 表面ヌメ革全交換
  • 修理備考

今回のルイヴィトン・ネヴァーフルの修理案件については。経年変化によりヌメ革のシミ・汚れや劣化がありヌメ革を全交換を行っています。修理については持手・口元バインダー・サイドループ・根革部分の縫製を解き、一度使用するパーツの型紙を作成し裁断から行います。裁断後、革と革を張り込み型紙通りに裁断にて成型しサイドの焼捻(ライン)を入れていきます。焼捻後は持ち手・サイドループについてはステッチをかける跡の位置をあけてからすべてパーツのコバの塗布を行います。バニッシュ処理の後は縫製を行うパーツは縫製にて穴あけて取付を行うパーツについていカシメホックにて取付て完成となります。今回の様にヌメ革が全体的に劣化や損傷を起こしている場合には部分的に修理も可能ですが、全交換にて修理も可能ですので一度ご相談下さい。