トゥミ(TUMI) 26173D4のファスナー交換修理事例

コルサ TUMI 26173D4 ファスナー交換 カルテ

 

 

 

 

 

 

front

 

コルサ TUMI 26173D4 ファスナー交換 カルテ1
 

 

 

 

before

 

コルサ TUMI 26173D4 ファスナー交換 カルテ2

 

 

 

 

 

 

after

 

 

  • 修理カルテ メインファスナー交換
  • ブランド名 トゥミ(TUMI) 26173D4
  • 形状 バッグパック
  • 修理詳細 ファスナーの開閉の際に不具合があり、一式ファスナー取り換え交換
  • 修理備考

今回のTUMIの修理案件については、コイルファスナー部分は開閉が出来なく、スライダー・ファスナー共に損傷を起こしていますのでファスナー部分から一式交換修理を行っています。修理については表面・背面のコーデュラナイロンのパイピングのテープの縫製を解き、バッグを解体を行います。その際に背面の箇所にからファスナーを取り付けていきます。背面の内側のファスナーを取り付けた後、背面のパイピングの縫製を行い正面のファスナーを取り付けてパイピングを縫製して修理が完成となります。その際に元々の引手については移植済ですので修理後は見た目遜色なく交換をおこなっています。今回のTUMIのバッグパックは縫製の際に所々生地の重なりがあり、厚みのある箇所が多く難解な修理ではありますが構造を熟知して修理を行っていますので安心してご依頼ください。