チェリカ(chelica)バッグパック・ファスナー交換の修理案件になります。

コルサ chelica ファスナー交換 カルテ

 

 

 

 

 

 

front

コルサ chelica ファスナー交換 カルテ1

 

 

 

 

 

 

before

コルサ chelica ファスナー交換 カルテ2

 

 

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ メインファスナー交換
  • ブランド名 チェリカ(chelica)
  • 形状 バッグパック
  • 修理詳細 ファスナーテープの大幅な損傷の為、似寄りの色味のファスナーにて交換
  • 修理備考

今回のチェリカの修理案件については、ファスナーの生地が大幅に裂けていましたので似寄りの色味のファスナーにて一式交換を行っています。修理については片側グログランテープ(バイアステープ)、もう片方は表面部分に糸目が見える仕様ですので一度バッグを内側にひっくり返してグログランテープから縫製をほどいてアクセスを行いファスナーテープを取り外していきます。その後は現状のファスナーの長さを図り交換の際に使用するファスナーを裁断し仮止めを行い縫製にて取付ていきます。取付後はグログランテープの縫製にて内側の生地をまとめて完成させています。今回の様に生地の大幅な裂けや、レールが硬化して通常の機能が出来ないなどの案件については修理にて改善が可能ですので諦めずにご相談下さい。