マスターピース(MSPC)について

マスターピースのバッグ、リュックを長く使い続けるにはどうすればいいのか

定期のメンテナンスのあれこれを今回は修理職人がご紹介をさせて頂きます

マスターピースのご依頼の多くは

  • ファスナー交換、ショルダー補修、プラスチックパーツ交換、破れ補修などが

修理の多くでこの様なご依頼は修理可能です 安心してご依頼ください

メーカー修理については

マスターピースのオリジナルのパーツや素材での修理をご希望の場合は下記の内容をご参照ください

    • 販売証明書やレシートを持参しているか
    • 直営店または公式オンラインストア購入品か
    • 初期不良に関しては無償もしくは有償にて対応可能

著しい損傷の場合にはメーカー修理でも修理不可となる可能性もあります。

コルサ鞄修理専門店ではメーカー修理不可の修理実績が豊富ですので

修理でお困りの納期や金額などで迷った場合には

メーカー修理、鞄修理専門店での相見積もりもオススメです

 

それではマスターピースでのご依頼の多い修理をご紹介をさせて頂きます。

マスターピースの修理について


ファスナーの不調やスライダー部分の故障については

 

メイドジャパンの優れたのマスターピースのバッグには

防水ファスナー(止水ファスナー)を使用している製品が多くあります

コイルファスナー、防水ファスナー共に開閉の際に負担のかかる開閉を繰り返していると

レールもしくはスライダーに負荷が掛かり、損傷もしくは劣化を起こします

弊社ではコイルファスナー、防水ファスナーの修理も多く

交換の際には似たような色のファスナ-にて交換が可能で引手は移植可能

 

 

・また交換のタイミングとしましては

ファスナー生地が切れているまたは生地が元の厚みより擦れてきている

防水ファスナーの表面が劣化している

コイルファスナーの場合、コイルのレールが一部かけている

スライダーを開閉をしてもファスナーが開いてくるなど

こちらの症状が見られる場合は交換の際のタイミングとなります。

  • ファスナー交換 9900~(仕様により異なる)
  • スライダー交換 3300~

 

レザーパーツの交換には

マスターピースではレザーパーツを様々な部分で使用をしていますが画像の様な穴があき

擦り切れの損傷が酷い場合には下記のような似寄りの色のレザーにて交換が可能です。

修理アフター写真では似寄りの色のレザーにて交換していますので見た目遜色ない仕上がりです

 

  • レザーパーツ交換 11000~

ショルダー付け根部分の補修もしくは交換
ショルダー部分は一番の重量の負荷が一番かかりやすい箇所となり

修理ではよくリペアされるケースが多いです

バックパックの付け根やショルダーバックの根元など様々です

交換の際には該当箇所の縫製を解き、内側に補強材を張り込み再度縫製や生地の再作成、

レザーパーツの作成など損傷具合によって交換していきます

・ショルダー付け根交換、修理の目安

ショルダー付け根部分の縫製がほつれかかっているもしくは裂けそう

付け根の生地、レザーパーツ本体が損傷している

  • ショルダー付け根補修 左右一式 4400~(仕様により異なる)
  • 付け根生地再作成 一ヶ所 5500~(レザー、生地によって金額は異なる)

プラパーツ交換については
マスターピースには様々な用途のプラパーツがあり

負荷が掛かり損傷してしまった場合は似たような色のプラパーツにて交換が可能です

・プラパーツ交換の目安

パーツ本体の樹脂の劣化もしくは損傷

バックルなどオスメスをはめ込んだ際に締りが悪いなど

〇プラパーツ交換 一ヶ所 3300~(仕様により異なる)

ナイロンベルト交換
バッグの接合部分にはナイロンベルト(テープ)が使用させているものもあります

交換の際には似たような色と幅のナイロンベルトにて交換をしていきます

・ナイロンベルト交換の目安

ナイロン地がほつれ、千切れなどの損傷をおこしている

バックルとの嚙み合わせが悪くなり、

・破れ補修、部分作成の目安

生地が大きく裂けたもしくは穴があいたベルトが緩む

  • ナイロンベルト交換 一ヶ所 4400~(仕様により異なる)

クリーニングについては
繰り返し使用していることで、ホコリや汚れがバッグは付着していますので

汚れや臭いが気になり始めたた場合には修理+クリーニングをしてリフレッシュをお勧めしています

  • クリーニング 一式 5500~(バッグの大きさにより異なる)