エルエルビーン(L.L.Bean)の修理のご案内

近年キャンバス地のトートバッグが人気のエルエルビーン。

トートバッグの修理の持ち手交換やリステッチなどの修理も可能ですが、バックパックなど、ショルダーバッグ類も修理実績豊富な職人がいますのでよくある修理内容をご案内させて頂きます。
※メーカーで修理対応不可になった製品でも弊社では修理可能ですのであきらめる前にご相談下さい。

人気のトートバッグ修理

 

近年街中でよく見かけるキャンバス地のトートバッグ。

小さなものから大きなサイズまであり種類も豊富です。

なかでもネームのカスタマイズなどもあるのが愛着をされる要因なのかもしれません。

また丈夫なキャンバス地のトートバッグでも修理をする箇所はございますので、トラブルがあった場合はご参考下さい。

・2WAYバッグの場合はナスカン金具が金属疲労を起こし損傷する

・底マチの部分の損傷

・持ち手の損傷

・糸目のほつれなど

〇ナスカン金具交換 一か所 3300~

〇底マチ部分のミシン刺し補修 一ヶ所 3300~

〇持ち手交換 生地の場合 9000~ レザーの場合 11000~

〇リステッチ 一ヶ所 2200~

 

ウエストバッグ&バッグパックでの修理

 

ウエストバッグやバックパックなどで多い修理はファスナーの不調やショルダーの根元、ナイロンベルトの損傷、プラパーツ類が多く修理されることが多いです。上記の修理につきましては様々なブランドの修理をしている熟練の職人が修理をしますのでご安心下さい。
・ファスナー交換似たような色のファスナーにて交換が可能。スライダーの引手移植も可能です。

・ショルダー根元再縫製は重量の負荷が掛かる事で縫製の糸目が緩んだり、生地が裂けたりすることがあるので早めの修理がお勧めです。

・ナイロンベルト交換はプラパーツの損傷かナイロンベルトが擦り切れ瘦せている場合がありますのでどちらかを交換すればおおよそは問題が解消されます。

 

・またファスナー交換のタイミングとしましては

ファスナー生地が切れているまたは生地が元の厚みより擦れてきている

防水ファスナーの表面が劣化している

コイルファスナーの場合、コイルのレールが一部かけている

金属ファスナーのレールが損傷している

スライダーを開閉をしてもファスナーが開いてくるなど

こちらの症状が見られる場合は交換の際のタイミングとなります。

〇ファスナー交換 8800~(仕様により異なる)

〇スライダー交換 3300~

 

・ショルダー付け根交換、修理の目安

ショルダー付け根部分の縫製がほつれかかっているもしくは裂けそう

付け根の生地、レザーパーツ本体が損傷している

〇ショルダー付け根補修 左右一式 4400~(仕様により異なる)

〇付け根生地再作成 一ヶ所 5500~(レザー、生地によって金額は異なる)

 

・プラパーツ&金属パーツ交換の目安

パーツ本体の樹脂の劣化もしくは損傷

バックルなどオスメスをはめ込んだ際に締りが悪いなど

〇プラパーツ交換 一ヶ所 3300~(仕様により異なる)

 

・ナイロンベルト交換の目安

ナイロン地がほつれ、千切れなどの損傷をおこしている

バックルとの嚙み合わせが悪くなり、

・破れ補修、部分作成の目安

生地が大きく裂けたもしくは穴があいたベルトが緩む

〇ナイロンベルト交換 一ヶ所 4400~(仕様により異なる)

 

クリーニング

繰り返し使用していることで、ホコリや汚れがバッグは付着していますので汚れや臭いが気になり始めたた場合には修理+クリーニングをしてリフレッシュをお勧めしています。

〇クリーニング 一式 5500~(バッグの大きさにより異なる)

今回はエルエルビーンの製品のよくある修理の箇所でのご紹介となります。

その他修理も多岐に渡り対応可能です。