パタゴニアでのご依頼の多い修理

今回は弊社でご依頼の多いパタゴニアの修理に沿ってご紹介をさせて頂きます。

 

メーカー修理

パタゴニアのメーカー修理はかなり修理対応してくれる幅が広く、全ての製品に保証があるとのことです。

修理の際には購入した商品のタグを切らずに着用、愛用をする事。

こちらは修理の際に商品名やシリアルが記載してありますので修理の際に必要なデータが記載してありますのでメーカー修理の際には必要なデータになります。

詳しくは下記のホームページから問い合わせしてみましょう。

 

著しい損傷や古い製品の場合には修理の対応不可になる場合がございます。

鞄修理専門店ではメーカー修理で対応不可なった製品などの修理実績豊富ですので

諦める前に一度ご相談下さい。

 

それではパタゴニアの修理をご紹介していきます。

 

 

 

ファスナー不具合やスライダーの不調の修理

ファスナーは不調を起こしやすいパーツの一つで、特にメインファスナーは何度も開閉を繰りかえされる為に摩耗していきます。

ファスナー交換については防水ファスナー、コイルファスナーにて交換をしていきます。

特殊色についても対応は可能です。

  • スライダー交換 4400~
  • ファスナー交換 8800~

ショルダーベルトの生地交換または芯材交換については

ショルダー部分の生地は経年劣化、スレキズなどにより生地が損傷してしまう箇所になります。

交換の際には似寄りの色の生地にて左右一式交換となりますので強度の面では安心で。

またヴィンテージフリークの間ではオールドのパタゴニアの製品を好む方もいらっしゃいます。

ショルダー部分の中にはクッションの(スポンジ)芯材が入っており、オールドの製品ですと芯材が硬化しボロボロになっているものや固くなり背負いづらいなどの不具合をおこしていきます。

交換の際にはバッグパックなどの平均的なクッションの強度のスポンジにて左右一式交換していく修理も可能です。

 

  • ショルダー部分生地再作成 16000円~

 

  • ショルダー部分の芯材交換 13000~
  • プラスチックパーツの交換について
  •  

    プラバックル製品は強い衝撃などで樹脂が損傷または破損する可能性のある箇所です。

    交換の際には似寄りの色のパーツにて交換となりますの。

    • プラスチックパーツ交換 3300~

    クリーニング
    長きに渡り使用していると表面に不純物などが付着し汚れやシミの原因になります。

    修理の際には表面、内側を洗浄するクリーニングはいかがでしょうか。

    • クリーニング 4400~