(louis vuitton)ルイヴィトンオデオンシリーズについて

ルイ・ヴィトンオデオンについては旧型のPMのショルダーバッグ(スリングバッグ)は2015年に惜しまれつつ廃盤品となり、新たに2020年秋冬コレクションで登場したオデオンNM・PM NM・MMが現行品新型のオデオンとなります。またNMの意味はニューモデルという意味でデザインも旧型からアップグレードされ機能的になり、多くのルイヴィトンファンに愛用されています。旧型から現行品に変更点は以下の通りです。

新旧オデオンシリーズの変更について

・外観のボディー 旧型よりも新型は縦の寸法が短くなり、旧型は玉縁とマチのトワル生地の位置が高く、縦の寸法があった為、直立しづらいデザインではありましたが、新型は縦の寸法は短くなり、玉縁の位置とマチのトワル生地の位置の変更があり、自立しやすいよう設計となっています。
・外観のポケット: 旧型は前・背胴に玉縁に縫い付けのみの2ポケットの仕様でしたが、新作にはマグネットホックが付いています。
・メインファスナーの部分については 旧型スライダーは一点のみのシングルでしたが、新型はスライダーが二個使用したダブルの仕様となり開閉がより行いやすく変更となっております。
内側の内装に旧型には携帯ポケットがありましたが、新作はポケット1つのみとなっています。

またオデオンNM・PMやMMにはモノグラムとダミエ・エベヌのシリーズがあり、ゴールド金具が増えたオデオンの新型のバッグはよりラグジュアリー感も増して洗練されています。

まずは修理可否を聞いてみる

ルイヴィトン(louis vuitton)旧型・新型問わずオデオンの修理ならCORSAにお任せ
無料で簡易見積もりを出したい方はこちら

概算のお見積りはコチラ

CORSAは安心の修理後3か月保証
問い合わせはメール・LINE・お電話にて承っております

ルイヴィトン(louis vuitton)オデオンのメーカー修理については

オリジナルのパーツや素材での純正修理をご希望の場合はルイヴィトン公式ホームページ修理をご参照下さい。
直接の修理の場合にはお預かり修理する製品を全国のルイ・ヴィトン ストアで承っているので直接修理品を持参もしくは郵送での対応が可能です。
ルイヴィトンの製品を確認後、実際のお見積り金額をご提示を承ってくれるそうです。
商品お見積り内容をご確認・ご了承いただいた後、担当の工房での修理を開始します。
検品:修理完了後、工房・店舗の方で品質チェックを行います。
製品をお客様が確認してからお渡し時に修理代金をお支払いを行い完了となります。

メーカーでの修理を行う場合には下記の内容をご参照下さい。

販売証明書やレシートを持参しているか。
直営店または公式オンラインストア購入商品かなど。

ヴィンテージ製品や現状は旧型のオデオンPMは廃盤のシリーズとなっています。
パーツの供給が終了している場合や著しい損傷などは、修理の対応不可になる場合がございます。
また頂きものなどの正規品かどうか分からないものなどは修理不可になる場合もありますので正規修理を検討の場合には必ずルイヴィトン・ストアにて確認をしましょう。

CORSA鞄修理専門店ではルイヴィトンでのメーカー修理で対応不可なった製品などの修理実績豊富ですので諦める前に一度ご相談下さい。

それではオデオンの修理をご紹介していきます。

(louis vuitton)ルイヴィトンオデオンシリーズについて

ファスナーレールの開閉の不具合についての事例

コルサ オデオン ファスナー修理

長きに渡り使用していると開閉をしていると金属疲労を起こし、ファスナーの開閉を続けていくとファスナーもしくはスライダーが不調を起こしてしまいます。

スライダー交換の場合は該当箇所の縫製を解き、似たような金具の色、号数のスライダーにて交換していきます。その際にオリジナルの引手は移植可能です(特殊な場合は除く)

ファスナーレールやスライダー交換のタイミング

・ファスナー生地が切れているまたは生地が元の厚みより擦れてきている
・金属ファスナーの場合、金属レールがかけている、錆はじめている
・スライダーを開閉をしてもスライダー内側の金属が痩せてファスナーが開く不具合など

※このような場合には似寄りの色味の新しい金属ファスナー・スライダーにて交換が可能ですので安心して旧型・新型のオデオンが使用可能となります。

スライダー交換 一箇所

4950円~(税込み)

スライダー交換の場合には開閉がスムーズではない場合には同系色のスライダーにて一ヵ所交換を行い修理を行います。

ファスナー交換 一箇所

12100円~16500円(税込み)

ファスナー交換の際には現状の色味に近いテープカラー・ファスナーレールにて交換を行います。

ショルダーベルト交換については

コルサ オデオン ショルダーベルト交換

オデオンのショルダーはヌメ革とクローム革の種類がありますが、現状の色味に近い形状にて作成が可能です。

ショルダーベルト作製

18700円~(税込み)

ショルダーベルト作製の際には元々の幅や厚みなどを測り現状の仕様に近い状態にて作成交換を行います。

根革のひび割れや千切れの場合の修理については

ルイヴィトン オデオン レザーパーツ交換

Dカン接合部分の根革のレザーは重量などでヌメ革が痛み、長きに渡り使用していると損傷を起こす箇所ですので交換の際には似寄りの色のヌメ革にて交換が可能です。

年数が経ってくると経年劣化により、ショルダーの根革(付け根)は弱ってきて最終的に亀裂、ひび割れなど損傷してしまいます。

根革交換の際には該当箇所の縫製を解き、似たようなレザーにて交換となります。

根革交換

7700円~(税込み)

Dカン金具の接合部分についている箇所の根革については負担が掛かり裂けてしまうトラブルがありますが、同じ幅に裁断し作成が可能です。

サル革交換のひび割れや千切れの交換については

ショルダーベルトを調節する際に通すレザー部分の輪っかをサル革と呼びます。

こちらも調節を繰り返しヌメ革の損傷が年数が経つにつれて徐々にひび割れや亀裂等が入ってくる箇所となりますので交換の際には似たようなレザーにて専用の捻で(両サイド線)ラインを入れ、オリジナルと遜色ないように交換していきます。

サル革交換

2200円~(税込み)

ショルダーベルトの調節のループのひび割れた場合には似た色味のヌメ革にて一箇所から交換が可能です。

角カンの金具の交換摩耗による交換については

ショルダー付け根部分に接合しているDカン・角カン金具といわれている部分は重さなど、経年劣化により徐々に開いてきてしまったり損傷をする箇所です。

交換の際には似たような色の金具にて一ヶ所もしくは左右一式交換をしますとこれからも長くご愛用できます。

角カン交換

2200円~(税込み)

カンの交換については現状の外寸と内側の内寸を測り、現状に近い汎用の金具にて交換を行います。

玉縁パイピング交換修理については

玉縁パイピング交換のタイミング

玉縁パイピングと言われる部分については、表面のレザーが乾燥や擦れなどによりひび割れや千切れなどの損傷を起こしたりする修理箇所です。
修理については、部分補修や一式交換にて対応が可能です。損傷具合にもよりますが、部分補修なども可能な修理となります。

※オデオンの玉縁は玉の内部に芯のある玉縁となりますが、専用のミシンと押さえを使用して縫製を行う事で修理後も違和感なく交換が可能です。

玉縁パイピング巻き直し

片側14300円~(税込み)

玉縁の箇所が全体的に劣化のある場合にはレザーと芯材を交換し巻き直しを行います。

クリーニングや染色(染め直し)やバニッシュ再塗装について

ルイヴィトン製品は購入時は綺麗な状態でも使用していく中で製品に汚れが付着してシミになったり、色スレや退色を起こすケースがあります。

その様な場合にはクリーニングや染色にて改善や染め直しが可能です。

またハンドルの断面やバッグや小物製品のコバの断面には溶剤のバニッシュ処理を行なっていますが、何らかの原因でトップコートが剥がれ、ベタツキや色味の方が剥がれしまう事があります。

その様な症状の場合には一度断面の溶剤を全て剥がし下地・色・仕上げ材の3工程にて再度バニッシュの塗装が可能です。

クリーニング

14300円~(税込み)

シミや汚れのある場合にはクリーニングにて清潔に保つことが可能です。

※クリーニング料金については大きさにより異なります。

部分染色

9900円~(税込み)

四つ角のスレキズやワンポイントの退色には部分染色が可能です。現状の症状に合わせた色味を作成し部分的染色を行います。

※染色については大きさや構造により金額は異なります。

全体染色(染め直し

33000円~(税込み)

全体的な退色や表面部分の黒ずみなどがある場合は全体の染め直しが可能です。

現状の色味と事前に再現し確認後染め直ししていきますので安心してご利用が可能です。

バニッシュ再塗装

5500円~(税込み)

断面の溶剤の剥がれやベタツキのある場合にはバニッシュ再塗装にて修理が可能です。 

※仕様や長さなどで金額は異なります。