ルイヴィトン製品の修理 バッグ、財布修理について

コルサ ルイヴィトン ネヴァーフル カルテ 
ルイヴィトン製品の鞄から小物製品までの修理につきまして
鞄修理専門店のコルサの修理職人が詳しくご説明をさせて頂きます。

ルイヴィトンと言えばモノグラム・ダミエ・タイガ・ヴェルニ・アンプラント・エピ・グラフィットなど幅広いシリーズがあり、レザーの色味なども多くありますが、弊社ではシリーズ事に自社独自のレザーの別注の作成なども行っていますので他社様よりも仕上がりの面でももちろんですが、修理を行ったのかわからないくらいの色味にこだわりを持ってサービスをご提供しております。

ルイヴィトン製品の修理品についてはビジネスバッグから小物のポーチまで修理可能です。

ルイヴィトン修理の金額、修理箇所のご案内

ファスナーの生地、スライダー金具の不具合については

コルサ ルイヴィトン ダミエ ジッピーウォレット ファスナー交換 カルテルイヴィトン タイガ ヴェルティカル ファスナー交換
ファスナー関連のトラブルではスライダーが壊れてしまった。ファスナーの青錆などがあり、動かない・ファスナーエレメントが裂けてしまったのどについては交換修理にて改善が可能です。
コルサ ルイヴィトン ダミエ ジッピーウォレット ファスナー交換 カルテ1ルイヴィトン タイガ ヴェルティカル ファスナー交換 カルテ2
今回の修理事例では似寄りの色味のファスナーにて一式交換を行いましたので開閉もスムーズとなりました。今回の様なファスナーの交換以外にもスライダーのみで交換を行い修理改善も可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。またダミエライン・タイガ・モノグラムなどシリーズ問わず、ファスナーの不具合についての修理については構造を熟知していますので修理可能です。

バッグ、小物製品等でファスナーの開閉を繰り返していると起きる現象ですが、

修理の際には2種類の修理要因が考えられます。

スライダー不具合

スライダー(引手の取っ手がついている金具)の開閉の際に金属が開閉しすぎる事で

削れてしまい、ファスナーが閉じなくなります。

修理としましては部分的に縫製をに解き、スライダーのみを交換していきます。

その際にオリジナルの引手は通常交換となります(※特殊なパーツを除く)

ファスナーの不具合

ファスナーの不調の際には以下の要因が考えられます。

ファスナー生地の損傷(破れ等)、ファスナーレールの開閉の際の金属疲労など。

交換の際には似たよう色味の生地のファスナーにて弊社では交換となります。

またスライダー交換同様に引手は基本的に移植可能となります。

根革交換については

ルイヴィトン オデオン レザーパーツ交換

 

コルサ ルイヴィトン 根革交換① カルテ1コルサ ルイヴィトン 根革交換① カルテ2

 

ルイヴィトン シテ 根革交換ルイヴィトン シテ 根革交換 カルテ
ルイヴィトンの根元のレザーの形状や色味などは様々ありますが、元の形状の型紙を起こし、レザーの色味などにも厳選した素材にて交換を行っていきます。

アマゾンやスピーディなどルイヴィトンのバッグには持ち手、ショルダーベルトと金具を接合する

もう一つレザーの箇所を根革と言います。

こちらの箇所は重さの重量の負荷や経年劣化により損傷してしまいます。

根革交換の場合

該当箇所の縫製を解き、似たようなレザーにて弊社では修理を行っていきます。

その際にカシメ金具はオリジナルのものではなく汎用の金具にて交換となります。

またカシメ金具が無い場合は、レザー表面にオリジナルに近い捻(縫製横の線)をレザーの両サイドにて加工していきますので見た目遜色なく修理は可能です。

持手交換の交換(丸手、平手)

ルイヴィトンのバッグの形は様々ですが、基本的な構造としまして

平手(平らな持ち手)や丸手(中に芯を詰めたハンドル)の二種類あります。

弊社では修理の際にオリジナルの長さや工程を吟味し、似たようなレザーにて交換していきます

・平手交換の場合

コルサ ルイヴィトン バビロン 持手交換 カルテ③ コルサ ルイヴィトン 持手交換 パイピング部分 サイドストラップ交換 カルテ3

 

 

コルサ コバ補修 after
ルイヴィトンの平手を作成を行う際には元々の厚みなどを確認し張り込みサイドのライン(焼捻)を入れて作成を行います。その際に元の針穴の幅(ピッチ)確認後縫製穴を作成しますので元々の持ち手と遜色なく好評を頂いております。ルイヴィトンの定番のネヴァーフルについてはモノグラム・ダミエ共に独自に調合した溶剤にて安定したコバ色などを作成して仕上げています。

該当箇所の縫製を解き、似たようなレザーにて弊社では修理を行っていきます。

その際にオリジナルの長さの図り、修理後も長さを変えずに交換が可能です。

その際に再度のバニッシュ(コバ)の工程も加えて作成をしていきますので

修理後も見た目遜色ない仕上がりとなります。

〇平手交換 15400~※構造などにより変動

・丸手交換の場合

コルサ ルイヴィトン 丸手再作成 
丸手再作成の場合には一度型紙を作成し現状の寸法を測り、現状の根革を通す箇所の穴位置などの確認を行ってから作成する難易度の高い修理となりますが、弊社ではスピーディー・アルマ・ドーヴィル・キーポル・ルーピングなどの定番の丸手の作成を行わせて頂いておりますので安定した作成が可能です。

該当箇所の縫製を解き、似たような色のヌメ革にて交換していきます。

その際に平手交換同様に長さを図り、修理後、長さを変えずに作成をしていきます。

その際に丸手交換の場合は筒状の芯を空洞のなかに入れてからと

なりますので修理後も修理前と見た目遜色ない仕上がりになります。

〇丸手交換 一式 18900~

内装交換について

ルイヴィトンのバッグは様々な種類や形がありますが、特に内側のファスナーポケットには合成皮革のこちらでは合皮と呼びますが、高温多湿の場所に保管しておくことで合皮がべたつき劣化をしていきます。修理の際には該当箇所の縫製を解き、似たような色の生地にて交換となりますので修理後はべたつきの無くなりますので今後はべたつく心配はなくなります。

コルサ ルイヴィトン 内装交換 カルテ2ルイヴィトン バケツ 内装交換ルイヴィトン バケツ 内装交換 カルテ1
内装交換の際には元の合成皮革ではなく、似たような色味のシャンタン生地にて交換を行いますので修理後はベタツキの発生などはなく使用が可能となります。また修理の際に少し生地の色味を変えたいなどオリジナルのカスタムなども可能ですので、修理の際にはオリジナルの色味にチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。
コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ1
ルイヴィトン製品のこちらタイガシリーズのロザンのブリーフバッグとなりますが、張り込みの内装となり、全て合成皮革の生地を使用していますので経年変化によりベタツキが出てきてしまい使用が困難な状態となっています。
コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ3コルサ ルイヴィトン タイガ 内装交換 カルテ4
内装交換の際にはによりの色味のシャンタン生地にて全面張替交換を行っていますので今後はベタツキの心配もなく、使用が可能となっています。また張り込みの仕様の際には断面をバニッシュにて作成を行っているバッグが多いですが、内装交換を行った後にバニッシュも再度塗布して修繕を行いますので修理後の方が、四つ角のスレなども改善されていますので強度の面でも安心してご利用が出来るように仕上げています。

 

ルイヴィトン コアラ パスケース レザー交換ルイヴィトン コアラ パスケース レザー交換 カルテ
ルイヴィトン・ダミエシリーズ・コアラになりますが、パスケース部分の劣化に伴い、似寄りの色味のレザーにてケース部分のレザー一枚の作成などのカスタムも可能です。

内装交換 落とし込み 一ヶ所 一式 18900~(複雑の構造は要見積もり)

張り込み 一ヶ所 一式 24200~(複雑な構造のものは要見積もり)

小物製品 一室 11000~ (複雑な構造のものは要見積もり)

ショルダーベルト、レザーベルトの交換

ショルダーベルト、レザーベルトの交換につきましては重量やねじれによって経年劣化により、ひび割れや千切れる等の損傷がおこります。修理の際には似たようなお色のヌメ革にて職人が同様の形状にて作成をしていきますので

修理後も見た目遜色なく仕上がります。また長さを変えたいなど、カスタムをご検討も弊社では対応可能です。

コルサ ルイヴィトン ブローニュ 修理 カルテ4
ルイヴィトン製品のヌメ革については作成後、再度の焼捻のラインを再現し作成を行いますので修理後も見た目の変化などなく使用が可能です。

ショルダーベルト再作成 一式 19800~※構造などにより変動

レザーベルト再作成 一式 9900~

ルイヴィトン製品のヌメ革・ダミエレザーの全交換について

コルサ ルイヴィトン ブローニュ 修理 カルテ コルサ ルイヴィトン ブローニュ 修理 カルテ1 コルサ ルイヴィトン ブローニュ 修理 カルテ2
弊社ではルイヴィトンのヌメ革・ダミエのレザーの全交換のご依頼を多く頂いております。弊社での修理の特徴はヌメ革一点からエイジングに合わせたレザーをご用意していますので片方のパーツのみでも違和感なく交換は可能ですが、片側の損傷を起こしている場合には他の箇所も痛みやひび割れなども起こっている場合などもありますので全交換のサービスも好評頂いております。上記のバッグはルイヴィトン・ブローニュのバッグとなりますが、表面部分のレザーが経年変化により損傷を起こしている箇所が多く縫製の箇所を全て解体を行い一からヌメ革のパーツを全て作成交換を行っています。

ルイヴィトン用の使用レザーについては

コルサ ルイヴィトン ヌメ コルサ ルイヴィトン ダミエ
弊社ではルイヴィトンに使用するレザーについては独自にタンナーにて別注の作成を行っていますので色味の再現度はトップクラスとなります。ヌメ革については経年変化により色味が黄色味が強いレザー・色焼けの強くなった茶系のレザーなど色味に合わせて交換が可能ですので一ヵ所のパーツ交換でも違和感なく交換が可能です。今まで修理ではヌメ革を交換を行った箇所は色ブレがあり、一ヵ所だけ浮いているイメージでしたが、弊社ではご使用になるお客様目線で独自に開発したレザーの色味にて幅広いニーズにもご対応が可能です。またダミエのレザーについては独自の判断となりますが、純正色とほぼ同色となりますので交換の際の違和感はなくご提供が可能です。