セリーヌ(CELINE) マカダム柄・平手交換の修理案件になります。

コルサ セリーヌ 平手交換 カルテ

 

 

 

 

 

 

front

 

コルサ セリーヌ 平手交換 カルテ①

 

 

 

 

before

 

コルサ セリーヌ 平手交換 カルテ②

 

 

 

 

コルサ セリーヌ 平手交換 カルテ③

 

 

 

 

 

after

 

 

  • 修理カルテ 持手交換(平手)
  • ブランド名 セリーヌ(CELINE) マカダム柄
  • 形状 トートバッグ
  • 修理詳細 レザー表面の亀裂、千切れ・コバ(バニッシュ)の劣化の為、左右一式交換
  • 修理備考

今回のセリーヌの修理案件については、持ち手のレザー表面の劣化、損傷の為、左右一式交換を行っています。交換の際には事前に使用させて頂くレザーサンプルを添付し確認後に修理の交換作業を行っています。修理については今回の仕様については口元の縫製に持ち手が縫い付けてある仕様となっていますので該当箇所の縫製を解き、持ち手の長さ・幅などを図り、型紙に起こしてから作成作業に入っていきます。型紙作成後、使用するレザーに寸法の印をつけて裁断。その後、芯材と補強材を張り込みレザー同士を張り込み元々の幅、長さに裁断していきます。裁断後はレザー表面に縫製しコバの断面にバニッシュを行い乾燥後、口元の箇所に縫い付けて縫製し完成となります。今回の様に平手の持ち手が華奢な場合には長きにわたり使用していると表面部分に亀裂やひび割れが起こる可能性があります。このような場合には交換にて修繕が可能ですので諦めずに一度ご相談下さい。