オスプレー(OSPREY)について

オスプレー(OSPREY)は創業1974年アメリカ、コロラド州初のアウトドアブランドです

プロダクトの完成度の高さからアメリカの様々なアワードにて表彰されていることでも有名で

登山者やタウンユースでの愛用者まで、実に幅広く支持をされています

オスプレーでの修理の多くは

ファスナー交換
ショルダー部分付け根補修
プラスチックパーツ交換
破れ補修などこの様な修理については修理可能です

安心してご依頼ください

メーカー修理の場合について

オスプレーのオリジナルのパーツや素材での修理をご希望の場合は下記の内容をご参照ください

  • 販売証明書やレシートを持参しているか
  • 直営店または公式オンラインストアにて購入しているか

オスプレーでは著しい損傷など古い製品は

修理対応不可になる可能性があります

納期の面や金額で不安な場合にはメーカー修理と鞄修理専門店での相見積もりもオススメです

それではオスプレーでのご依頼の多い修理をご紹介させて頂きます

オスプレー(OSPREY)修理について

オスプレーのバッグでバックパックやショルダーバッグ、ウエストバッグなどで
長くご愛用するための秘訣はメンテナンスを定期的に行う事です

ファスナーの不具合やスライダーの不調については

オスプレーのファスナーはカラーバリエーションも豊富で種類も豊富です。

交換の際には似寄りの色の生地(テープカラー)ファスナーにて交換していきますので
見た目遜色なく交換可能です。

またスライダー部分も同様に引手を移植し交換可能です。

  • ファスナー交換 5500円~
  • スライダー交換 3300円~

プラスチックパーツの損傷などの不具合には

アウトドアブランドのバッグには様々なパーツがあります

バックルやナスカン、アジャスター、コキなど様々です

交換のタイミングとしては

強い衝撃で樹脂が欠けたり、破損がある
摩耗などによりパーツの嚙み合わせが悪いもしくは閉まらなくなった

この様な症状の場合には交換が必要になります

  • プラスチックパーツ交換 3300~

ショルダー付け根の部分の損傷には

ショルダーベルトの付け根部分は重量の負荷で付け根の縫製がほつれたり生地が損傷を起こす可能性があります

修理の際には一度縫製を解き裏側から補強材を張り込み、再度縫製をすることで強度の面でも安心です

  • ショルダー付け根再縫製 4400~

 

 

登山用のリュックは登山後、メンテナンスや損傷が無いかを確認してみましょう

そのほかオスプレーのバッグ修理に関しては無料のメール見積もりをご利用ください。