トゥミ(TUMI)について

TUMI バッグ修理 バッグパック修理
 

ビジネスシーンで人気のTUMI。TUMIの形状は様々でシーンよって使い分けられる事や何といってもバリスティックナイロンの強度などが人気の秘訣かもしれません。

今回はトゥミでご依頼の多い修理箇所をご紹介をさせて頂きます。

トゥミ(TUMI)の修理の多くは

ファスナー交換、持手交換、パイピング交換、破れ補修、パーツ交換が修理の多くです。

この様な修理については修理可能です 安心してご依頼ください。

 

 

トゥミ(TUMI)修理については

TUMIバッグ修理 トゥミバッグ修理

TUMIの修理のご依頼の多いバッグや小物製品の修理例を参考に修理内容、金額について解説していきます。

ご紹介の無い修理も修理実績豊富ですので是非ご相談下さい。

 

持手ハンドルの交換修理については

コルサ TUMI 持ち手レザー交換

 

 

 

 

 

 

コルサ TUMI 持ち手レザー 比較

 

 

 

 

 

 

コルサ TUMI 持手交換2

 

 

 

 

 

 

トゥミ(TUMI)の製品では持手レザーからショルダーレザーパーツと幅広い形状の交換が修理可能です。

 

 

  • 持手ハンドル交換修理のタイミングについては

レザー部分がヒビ割れ、千切れがある。

ナイロン部分の毛羽立ちや汚れ、繊維の損傷がある。

合成皮革がボロボロになっている、べたつきがあるなど。

 

TUMIで多いレザーの張り替え

弊社では年間多くご依頼を頂いている修理ですので修理後も見た目遜色なく交換可能。

 

TUMIの肩当てパッドは裏側の合成皮革部分は劣化を起こしボロボロになります。

上記の様な本革のレザーにて交換していきます

修理後は劣化、べたつきはなくなり安心して使用が可能です。

 

  • 持手レザー張り替え 7700~(ナイロンと持手の当て革交換)
  • 持手交換(平手) 一式 14500~
  • 持手交換(丸手) 一式 16500~
  • ショルダーベルトレザー交換 7700 (肩当てパッド部分)

ナイロン生地のほつれ、傷みなどの修理には

コルサ TUMI 破れ補修

 

 

 

 

バリスティックナイロン(コーデュラナイロン)を使用しているTUMIの生地は丈夫ですが

毎日使用すると経年劣化により、負担がかかる箇所から部分的に弱ってきてしまいます。

破れた場合はミシン刺し修理や部分張り替えなどの修理可能。

 

TUMI 生地交換TUMI 生地交換②
TUMIのバッグでは部分的な補強も多いですが、一区画の生地を交換なども可能です。
  • ナイロン破れの補修 ※損傷の大きさにより金額は変動します.(部分張り替えも含む)8800~
  • ナイロン部ミシン刺し 8800~

 

ミシン刺しの場合はステッチが表面に出ますが、裏側から補強材を張り込み再縫製をしますので多少の見た目は変更になりますが、強度がでるのでオススメの修理です。

また破れの症状がひどい場合は部分張り替えも可能ですのでこちらもご検討下さい。

ファスナーやスライダー部分の交換修理については

トゥミのファスナーには、コイルファスナー号数の大きめのファスナーを使用しており、一般的に多い使用されるファスナーよりもが規格が大きく耐久性も高いと言われています・

損傷した場合には似寄りのファスナーにて交換可能です。

またTUMIの引手も移植もできます。

  • ファスナーやスライダーの交換修理のタイミングについては

ファスナーの生地が千切れている、金属、コイルのレールが損傷している。

スライダーが摩耗していてファスナーが閉まらない、金属が損傷しているなど。

 

ファスナー交換やスライダー交換の際には、TUMIの引手は移植可能ですので修理後も見た目遜色なく交換可能です。

  • メインファスナー交換 11000~※構造上複雑な場合は別途お見積り

 

  • サブファスナー交換 9900~

ナスカン交換やDカン金具のパーツ交換については

ショルダーベルトで接合部分で交換する箇所はナスカンやDカン金具と呼ばれる金具部分については、交換の場合には似寄りの色の汎用の金具パーツにて交換修理します。

  • ナスカン交換 一ヶ所 3850~
  • Dカン金具交換 一ヶ所 3850~

プラスチックパーツの欠損や紛失などには

リュック、バックパックで比較的多い修理事例ではプラスチックパーツの交換が多く

バックルやアジャスターなどは経年劣化や強い衝撃などで破損してしまうことがあります

そういった場合は同じ内径のプラパーツにて交換

  • プラパーツ交換 一式 3850~
  • バックル交換 一式 4400~
  • ナスカン、Dカン修理については

金具の摩耗や金属疲労による損傷

  • プラスチックパーツの修理については

樹脂の損傷、摩耗により樹脂の部分がすり減り本来の機能がしなくなるなど

この様な症状の場合には早めの交換を検討してみましょう

リュック製品で多い修理については

コルサ TUMI リュック修理

 

 

 

 

 

 

リュック製品については、ショルダーベルトの付け根や根元の周辺がほつれてきたり、ナイロンが傷んできたりすることがあります。

重いものを入れていて毎日使用していると、どうしても不具合が出てきてしまいます。

コルサ TUMI ショルダー根元修理

 

 

 

 

 

 

ショルダー部分の根元のビフォー画像です。ショルダー部分の生地が損傷を起こしている状態です。

コルサ TUMI ショルダー根元修理 アフター
 

 

 

 

ショルダー部分根元の生地交換のアフター写真になります。似寄りの色の生地にて交換をしており、耐久性の観点からも心配がなくなりました。
  • ショルダーベルト根元補修 5000~

クリーニングの洗浄については

毎日使用していると不純物がついていたりと汚れが溜まり生地の繊維が傷むなどのトラブルがあります。

修理の際には表面、内側も洗浄をしますので修理+クリーニングもオススメをしています。

  • クリーニング(バッグ) 5500〜(大きさにより異なる)

 

メーカー修理については

TUMIのオリジナルパーツで交換を検討している場合には、メーカー修理を検討してみましょう。

正規店購入後の保証期間であれば無料での修理が可能な場合もあります。

下記に該当する場合にもメーカー修理を検討しましょう。

メーカー修理不可の商品や金額、納期でご不安の場合には鞄修理専門店との相見積もりもオススメです。

  • 初期不良の可能性が高い場合
  • メーカー純正のパーツにて修理したい場合

 

コーデュラナイロン(バリスティックナイロン)の損傷については

コルサ鞄修理専門店ではコーデュラナイロンのカラーバリエーション多く取り扱いがあり、生地の大幅な損傷や補修の際には、1区画の生地の交換や補修などが可能です。