マキャベリック(MAKAVELIC)レザーストラップ交換の修理案件になります。

コルサ マキャベリック レザーストラップ交換 カルテ
 

 

 

 

 

front

 

コルサ マキャベリック レザーストラップ交換 カルテ1

 

 

 

 

 

before

 

コルサ マキャベリック レザーストラップ交換 カルテ2

 

 

 

 

 

コルサ マキャベリック レザーストラップ交換 カルテ3

 

 

 

 

after

 

  • 修理カルテ レザーストラップ交換
  • ブランド名 マキャベリック(MAKAVELIC)
  • 形状 バッグパック
  • 修理詳細 レザー・ナイロンテープが千切れている為、元の寸法通りに交換修理
  • 修理備考

今回のマキャベリックの修理案件については、レザーストラップ部分が根元部分から裂けており、元々の寸法の長さを確認後、ナイロンテープ、レザーを再作成を行い交換をしています。修理についてはストラップ部分までにアクセスするまでにドローコード部分の縫製を大幅に解き、内側のショルダーベルト部分の縫製も解きながらストラップ部分までたどり着きます。その後、ストラップを慎重に取り外してから厚み・幅・長さを確認後、使用するレザーとナイロンテープを裁断後、レザーのサイドの断面を溶剤にて塗布を行いコーティング後、ナイロンテープを張り合わせて縫製していきます。縫製後は元々の位置に仮止めし取り付けていき、縫製をほどいていった逆の順序に組み立てていき修繕を行っています。今回の様にストラップが裂けてしまった場合には修理にて改善ができる案件となりますので諦めずに一度ご相談下さい。