ルイヴィトン シテシリーズの修理について

今回はシテシリーズの損傷しやすい箇所を職人がご案内をさせて頂きます。

一ヶ所から大掛かりな修理など詳しく説明をしていますので修理のご参考下さい。

 

メーカー修理について

 

オリジナルのパーツや素材での修理をご希望の場合はメーカー修理を。

メーカーでの修理を行う場合には下記の内容をご参照下さい。

  • 販売証明書やレシートを持参しているか
  • 直営店または公式オンラインストア購入商品か

著しい損傷や古い製品の場合には修理の対応不可になる場合がございます。

鞄修理専門店ではメーカー修理で対応不可なった製品などの修理実績豊富ですので

諦める前に一度ご相談下さい。

 

それではシテシリーズの修理をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

ファスナー交換&スライダー交換

 

シテのバッグはファスナーの開閉口が広く大変使いやすく人気の高いシリーズのバッグです。

しかし開閉を繰り返していると必ず、スライダーかファスナーが不調を起こすことがあります。

交換の際にはスライダー交換ですと該当箇所を取り外し汎用のYKKのスライダーにて交換となります。

ファスナー交換の場合ですと似たような色味ののファスナーテープの色味にて交換となりますので

見た目遜色なく交換可能です。

〇交換のタイミングとしましては

・ファスナーの開閉が固くなってきた

・スライダーを動かしてもファスナーが開いてきてしまう

このような現象が起きてしまった場合は交換のタイミングですのでご相談下さい。

ファスナ-交換 一式 15400~

スライダー交換 一ヶ所 4400~

 

 

持手交換

持手部分は経年劣化や負荷が掛かり、ヌメ革がかさつきや千切れたりとトラブルの起こりうる箇所です。

交換の際にはオリジナルの長さを計測し似たような色味のヌメ革にて一式交換となります。

その際に両サイドの線などもオリジナル通りに工具を使用し入れていきます。

〇交換のタイミングとしましては

・レザーが乾燥しひび割れや千切れている

・シミや変色が著しいなど

交換する際には似たような色味のヌメ革にて交換となりますので見た目遜色なく交換可能です。

持手交換(平手) 一式 17600~

 

 

根革交換

持手の接合部分のレザーパーツ部分、根革部分は重量の負荷や経年劣化などでひび割れや千切れを起こす箇所です。

〇交換のタイミングとしましては

・ヌメ革のひび割れや千切れがある

・変色やレザーの伸びが気になるなど

根革交換 一ヶ所 8800~

レザーパーツ交換 一式 14300~

玉縁パイピング交換

マチ部分と表面部分をヌメ革にて縫製を接合している部分がパイピングと呼びますが

こちら部分も角スレやひび割れなどを起こす箇所で、損傷がひどくなるとヌメ革の中にいれてある芯材が見えたり

ヌメ革が砕けたりする事があります。

〇交換のタイミングとしましては

・芯材が見えてきたまたは芯材まで損傷をおこしている

・ヌメ革がひび割れがひどく損傷している

パイピング交換 一式 18700~

内装交換

シテの内装のポケット部分は合成皮革を使用していますので

経年劣化によりべたつきがでてしまう箇所です。交換に際には似たような色味の生地にて

交換となりますので今後はべたつきなどの劣化がなく使用可能となります。

〇交換のタイミングとしましては

内装の合成皮革がベタついてきた

ファスナーの開閉が出来なくなった

こういった場合は修理をご検討下さい。

 

内装交換 一ヶ所 14300~

 

今回ご説明させていただいた内容はシテシリーズでの
長く使用していると損傷してしまう箇所の修理内容となります。

修理でお困りの事がございましたら下記のお問い合わせフォームからご連絡下さい。