トロターの修理について

 

ルイヴィトン(Louis Vuitton)トロターについて修理職人が修理する可能性のある箇所をご説明をさせていただきます。これから修理を考えているお客様はこの記事をご参考下さい。

メーカー修理の場合について

オリジナルのパーツや素材での修理をご希望の場合は下記の内容をご参照ください。

 

  • 販売証明書やレシートを持参しているか
  • 直営店または公式オンラインストアにて購入しているか

著しい損傷など古い製品は修理対応不可になる可能性があります。
コルサ鞄修理専門店ではメーカー修理で対応不可になった製品
でも修理実績豊富ですので納期の面や金額でお困りの場合には
相見積もりもオススメです。

それではトロターのご依頼の多い修理をご紹介させて頂きます。

 

 

 

ファスナー交換

長きに渡り使用していると金属疲労を起こし、ファスナーの開閉を続けていくとファスナーもしくはスライダーが不調を起こしてしまいます。

スライダー交換の場合は該当箇所の縫製を解き、似たような金具の色、号数のスライダーにて交換していきます。その際にオリジナルの引手は移植可能です(特殊な場合は除く)

〇スライダー交換 一ヶ所 4400~

ファスナーの交換の場合は該当箇所の縫製を解き、似たような生地のファスナーにて一式交換が可能です。

またファスナーの生地の色も可能な限り合わせることが可能です。

〇ファスナー交換費用 一ヶ所 13200~

 

 

 

根革の交換

ルイヴィトンのバッグは丈夫ではございますが、年数が経ってくると経年劣化により、ショルダーの根革(付け根)は弱ってきて最終的に亀裂、ひび割れなど損傷してしまいます。

根革交換の際には該当箇所の縫製を解き、似たようなレザーにて交換となります。

〇根革の交換 一か所 7700~

 

 

サル革の交換

ショルダーベルトを調節する際に通すレザー部分の輪っかをサル革と呼びます。

こちらも調節を繰り返しヌメ革の損傷が年数が経つにつれて徐々にひび割れや亀裂等が入ってくる箇所となりますので交換の際には似たようなレザーにて専用の捻で(両サイド線)ラインを入れ、オリジナルと遜色ないように交換していきます。

〇サル革の交換 一か所 2200~

 

金具の交換

ショルダー付け根部分に接合しているDカン金具といわれている部分は重さなど、経年劣化により徐々に開いてきてしまったり損傷をする箇所です。

交換の際には似たような色の金具にて一ヶ所もしくは左右一式交換をしますとこれからも長くご愛用できます。

〇Dカン交換 一ヶ所 4400~

 

 

ショルダーベルトの交換

ショルダーベルトの肩当てに当てるパーツですが、屈折などを繰り返し、経年劣化によりレザー部分が亀裂、ひび割れなどを起こし損傷していきます。

修理の際には似たような色のヌメ革にて交換となります。

〇ショルダーベルト交換 一式 22000~

 

 

今回ご説明させていただいた内容はトロターのショルダーバッグでの

長く使用していると損傷してしまう箇所の修理内容となります。